建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム広島スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

イス椅子いす

所属:設計課

氏名:倉下由美子

高気密・高断熱の東宝ホーム倉下由美子です。

さて、椅子の紹介第二弾。
第2位はエッグチェア(アルネ・ヤコブセン デザイン)です。
座った時に包み込まれるのと、背中が高いので視線も含めて隠れますのでおこもり感があって落ち着きます。外国人に合わせて設計されているので座面も大きくゆったりしています。
これが気に入っている理由です。座ってみないと良さが伝わりにくいですが、ぜひ味わってください。

第3位はラウンジアーム(ジョージ・ナカシマ デザイン)です。
今は高松の桜製作所で作っています。ひじ掛けが広くてコーヒーも置けるテープルを兼ねています。
座面は低めですが、背中のスポーク(棒)や座面の削り出しは体に沿ってとっても座りやすいのです。

こちらは私が小学生5年の時にモデルハウスで見かけて衝撃を受けて、こういうものを扱う仕事をしたい!!と決意した元になった椅子。そしてモデルハウスのお兄さんに聞いてインテリアコーディネーターという職業を知ったのでした。
今思うと、この椅子に惹かれるとはなんて渋い小学生だろう・・・とちょっと笑えます。道後温泉の『うめ乃や』さんにも置いてあるので、大人になって座りに行ってみましたが、やっぱり風合いといい、どっしり感といい、絶妙なバランスで好き好き度数は変わらなかったです(^^♪

番外編はピーコックチェア(ハンス・J・ウェグナー デザイン)木で作っているのに軽やかでゴージャスでまぁ綺麗です。
こちらもモデルハウス巡り同日に衝撃をうけた椅子です。

これらの椅子の辞典が欲しいと本屋に行って母に頼んで買って帰りました。
これが今も私のバイブルになっていて、デザイナーの名前や椅子の名前はほぼこれで覚えた感じです。
すべてのものは今もデザインが古くならず、かっこいい~。
似合う空間を、初心に戻ってつくっていきまーす。

仮設工事

所属:建設

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、工事担当の吉田です。

この度の、各地での自然災害により被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈り申し上げます。


さて、今回は工事の一つを紹介させて頂こうと思います。

工事の下準備、前提条件となる「仮設工事」をテーマにしたいと思います。

仮設工事では

・仮囲い
・トイレ
・電気
・水道
・足場

主に上記のような仮設物を準備します。

仮囲いは、
工事現場に人が入りにくいようにし、現場内から材料等が外部に飛んでいかないようにするために設置します。
敷地への入り口や、ネットの配置など、工事しやすく、近隣への安全を配慮した計画が必要です。

トイレは、
その名の通りで、工事中の現場従事者用のトイレとして設置します。トイレが設置できないような場合もあるので、
その際は近隣で設置許可を頂ける場所を探すこともあります。
誰しも、職場にトイレがないと大変だと思います。

電気は、
工事現場には電気がないので、工事に使用する電気を賄うために設置します。
電線から線を、敷地内の仮の柱等に引込み、電源を設置します。
電気がないと、電動工具が使えず、作業効率が落ちたり、作業ができなくなったりします。
夏場では扇風機等も使えず、熱中症の危険も高まります。

水道は、
電気と同様に、工事用の水を確保するために設置します。
土地によって、敷地内に給水管がある場合と、道路から新しく引き込まないといけない場合とがあります。
毎日の衛生面、現場前道路の掃除に必要で、工事によっては水が必須のものもあります。

足場は、
棟上げ工事や、建物の外周部や屋根の工事等を施工するために設置します。
外部に物が落ちにくく、人も転落しないように配慮した計画が必要です。
階段の位置を作業効率を考慮して決めることが大切ですが、建物の形状や敷地条件によっては
設置場所が限られることがあります。


以上の内容は全ての工事に共通かと思います。

写真は仮囲いを設置している様子です。
鉄板が敷いてあるのは、敷地と道路の境目の側溝を守るために設置しています。
こちらは全ての現場に共通する内容ではないので、今回は省略しました。


かたい内容になってしまいました。
このような回があっても問題ないですかね。

それでは、最近は不安定な天気が続いております。
急な雨の際は運転等にお気を付けください。失礼します。

おすすめ椅子

所属:設計課

氏名:倉下 由美子

高気密・高断熱の東宝ホーム倉下です。
このたび入社いたしました。インテリアコーディネートを担当いたします。
建設業は20年以上味わいまして、古いものから学んで新しい使い方や素材をミックスしてゆくのが奥深くて面白いです。

出展 www.e-comfort.info
せっかくインテリア担当なので、みなさんにデザイナー家具や照明のご紹介から。
本日はミースファンデルローエのバルセロナチェアです。ミースは近代巨匠3大建築家であり家具デザインもしている超有名人で、中でもこの椅子は最も有名です。詳しくは検索してみてください。
私は椅子を見つけると座り心地比べをして自分に合うかどうかをみます。今までの上位3位の1位がこちら。尋常ならぬ高身長なので座面から床までの長さもしっくりで、座面が広いのであぐらもかけて楽なのです。
最近引越をしたのでついに2年間温めていた椅子を清水の舞台から飛び降りて購入しました。といっても本物はお高いのでジェネリック家具です。
貼地は長持ちするので断然本皮がお奨めです。ジェネリックだと素材や色展開も豊富なので、自宅のテイストに合うようにキャメルの革を選びました。制作期間2ヶ月なのでまだ届いていませんが、待ち遠しいです。家具はいいものを一生使うほうが結局安くつき、愛着もわいてよいですよ。
他の注意点はサイズ感。自宅に新しい家具を入れる際には空間の広さに対して家具の大きさを測ってみてくださいね。通路がとれなくなったり、コンセントにだだかぶりして使いにくくなったりしがちです。
げげーんっという失敗防止のために家具やさんやコーディネーターに図面を持ってご相談されることをお奨めします。
では次回は第2位を。

所属:建設

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、吉田です。

猛暑が徐々に和らいできた今日この頃。熱中症への警戒が薄まる中、台風の発生やゲリラ豪雨への緊張感はまだまだ和らぎません。
もうしばらくは、復旧と合わせて、予防も必要になりそうです。現場管理も気を付けます。

さて今回の投稿は、勝手ながら建築関連ではない内容にさせて頂こうと思います。

ごく一部ですが、社内からのリクエストもあったので、わが家の猫(ちゃん)を紹介しようと思います。

まずは後ろ姿です。
体格の良い猫で、首元がしっかりしています。ハンマー投げの室伏選手を思い出します。
また、黒い模様が少し入っているのが可愛らしいです。

この後ろ姿を見ると、つい撫でたくなります。

次に性格です。
ご覧の通り、外を眺めるのが好きです。
ただ、外に出ようとはしないので、室内にいながら外の風景を眺めたり、匂いを嗅いだりするのが好きなのだと思います。

また、気分屋であることは間違いないのですが、甘えるときはとても甘えます。
写真の撮り方が良くなく見にくいと思いますが、私が外出の準備をしているときに、カバンの中に入り込んでいるのを撮っています。
もう慣れたので、少し構ったのち、準備を続け、出発の時にはささっと抱きかかえて出します。

猫の年齢はシニアに入りました。
猫の体調を気にしながら、今後も共同生活を続けたいと思います。

それでは、建築関連の内容が全くありませんが、これにて失礼します。

夏!!

所属:総務経理課

氏名:矢野 沙織

高気密・高断熱の東宝ホーム
矢野です。



またまた、久々の登場になってしまいました。。。

少し前になりますが、休みの日にかき氷を食べてきました!!

といっても、目指していたのは映画館だったのすが、歩いていると汗がたらたら(^_^;)
少し時間があったので、知合いの方がしているかき氷専門店にお邪魔しました。

夏休みになると学生や女子たちでいっぱいになる有名なお店です★
今回は少しリッチに「ダブルメロン」を注文。
中にもメロンの果肉がびっしり!!
涼しいとおいしいで一気に幸せな気分になりました!(^^)!



先日、春日野展示場の草抜きをしましたが、風が少し吹いて気持ちよく感じました。
夕方になると心地良くなってきていますかね?

ご近所の方とも『涼しくなりましたね』と庭で話が盛り上がってしまいました。

しかし、昼間はまだまだ暑い日が続くようです。
みなさん体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

東宝ホームの外張り断熱

所属:建設

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、建設の吉田です。

この度の西日本の豪雨により被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈り申し上げます。


さて、今回のブログでは当社の外張り断熱について少し紹介させてください。
当社の断熱材の施工方法は、建物ごと断熱材で覆う方法です。
※写真をご参照ください

このように断熱材の施工が進むと、柱や梁などが断熱材で覆われて見えなくなります。
こちらの状態で、すでに断熱効果は発生しております。
建築中に室内で何日も長時間作業する業者さんからは、
建築中でも涼しい、暖かいと言って頂けるほどです。

断熱材の施工が完了した建築現場に入ると、外気温との差を体感できると思います。
ご興味がありましたら、お声かけください。

それでは皆様、猛暑が続いておりますので、熱中症に十分お気をつけください。
失礼いたします。

棟上げ工事

所属:建設課

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、建設課の吉田です。

梅雨入りしました。
屋外での仕事が雨天で進まないことがあり、工程管理が難しい時期です。

梅雨入りする少し前に、棟上げ(むねあげ)工事をおこないました。
棟上げとは、建物の柱などを組み立て、全体の骨組みが出来上がる工事です。

さて、先日の棟上げ工事の話に戻りますが、棟上げ日の1週間ほど前までは
天気予報で雨天や曇りの予報でしたが、当日は天候に恵まれて晴となりました。

当日までに1階の床部分を造っておき、
棟上げ工事の当日は10人程度の人数で一日掛けて作業を進めます。

柱を建て、桁をかけ、垂直などを確認し、動かないように固定して、
上の構造へと移っていきます。

棟上げを行なうまでは、建物の基礎部分のみを見ているので、
実際の大きさがわかりにくいのですが、棟上げ工事で骨組みができあがると
急に大きくなったような気がして、お施主様に驚かれることが多いです。

ではでは、棟上げ後の工事もしっかりと確認して作業を進めていきます。

気温も上がり、湿度も高くなっています。
熱中症や夏風邪にご注意ください。

おひさしぶりです

所属:総務経理課

氏名:矢野 沙織

高気密・高断熱の東宝ホーム矢野です。
久しぶりの登場となってしまいました。




さて、最近暖かくなってきましたね!!
お昼を買いに歩いていると、見慣れない花に出会いました✿

なんとも印象的な色・かたちです。
調べてみると『ベニゴウカン(紅合歓)』という花でした!(^^)!
なかなか聞きなれない名前ですよね。。。


でもみなさん、『ネムノキ』をご存じないですか?
『ネムノキ』を漢字で書くと【合歓の木】と書くそうです。
そう、赤い色をしたネムノキに似ている花なので【紅合歓】と名づけられたそうですよ!(諸説あるとは思いますが…)
まさかこんな漢字を書くとは…どっからどう見ても【ネム】とは読めませんでした(^_^;)
(でもパソコンで「ネム」と変換すると出てくるんです!!矢野の知識不足でしょうか)

原産地は熱帯アメリカだそうです。花のように見えるのは雄蕊の集合体とのこと。
花言葉は『高潔・澄んだ心』

なんとも魅力的な花との出会いでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、話はかわり・・・

広島エリアでは初の建売住宅の完成間近です!!
マイホームづくりの参考にしてみたい方、実際に購入を考えている方。
実際に完成物件をご見学いただけます。

お気軽にお問合せ下さい!!

季節もの

所属:建設部

氏名:吉田

高断熱・高気密の東宝ホーム、吉田です。

春らしくなってきました今日この頃です。

今回は、季節ものの投稿です。
現場への移動中に桜がキレイに咲いているのを見まして、
休日に、ふと見に行きたくなりました。

お花見のように、桜を見ながらご飯を食べたりはしませんでした。
散歩しながら、ゆっくりと眺めました。
当社の大手町事務所あたりから川沿いを歩き、
原爆ドームを通過し、広島城の方まで行き、ちらっと基町高校の建築外観を眺めて
同じルートを戻りました。

広島城では、景色が水面に映り、思わず写真におさめました。
ブログ用に小さくしているので、あまり伝わらないかもしれません。
ご興味のある方は、現地に足を運ばれてみてください。

今年は満開の時期に雨が降らなさそうですので、
もうしばらくは桜を楽しめるのではないでしょうか?

季節を感じられるものは、自然と気分が良くなります。

それでは、季節の変わり目ですので、体調にお気をつけください。

屋根断熱

所属:建設部

氏名:吉田

高断熱・高気密の東宝ホーム、工事担当の吉田です。
すっかり寒くなり、ちらほらと雪を見る日もありました。

そんな寒い時期にも、工事は進み、先日は棟上げを実施しました。
新築されたことのある方や、近隣で新築工事をご覧になったことのある方は、
棟上げ工事をイメージできると思います。

一般的に朝8時頃から午後3時頃までの間に、家の骨組みが出来上がる工事です。

ただ、当社の棟上げ工事の場合は、もう少し長く掛かります。
なぜかと申しますと、

棟上げの際に、屋根に断熱材を施工するからです。
そのため、作業内容が少し多くなっています。

工事関係者でないと屋根の断熱材を上から眺めることができないので、
今回は特別に、その施工中の写真を載せます。(先日棟上げした現場とは別の現場の写真です)

銀色の部分が断熱材です。
屋根面に断熱材を施工することで、天井裏空間まで断熱されるようにしています。

もしご興味がわきましたら、是非マリーナホップ展示場の構造模型や構造確認部屋にてご確認ください。

それでは失礼します。
これからの数か月、車に乗られる方はタイヤ交換をお忘れなく、路面凍結にご注意ください。

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ