建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム広島スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

建設課に新しく配属になりました。

所属:建設課

氏名:上曽根

初めまして。
広島営業所 建設課に配属となりました 上曽根 隆樹と申します。

お客様と共に楽しくワクワクしながらマイホーム造りのお手伝いが出来ればと思います。
宜しくお願い致します。

工事の概要紹介(土台敷~棟上げ)

所属:技術部

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、吉田です。
グッと冷え込み、風も冷たくなり、冬の到来を感じる今日この頃です。
首元が寒いので、首廻りの防寒着を出しました。

さて、今回のブログでは基礎工事の完了後、土台敷~棟上げまでのご紹介です。
棟上げ工事当日までに、1階床部分を組み、当日に10人程度で屋根まで組み立てます。


1.材料搬入
 まずは材料搬入です。
 基礎部分の断熱材、土台・大引きの構造材、構造金物、その他金物、養生材などを
 現場に搬入します。
 土台敷当日にスムーズに作業が進むように、現場状況を考慮して、搬入日時を決めます。

2.土台敷
 材料を準備したら、土台敷開始です。
 土台を敷く位置を、墨出しをして決め、どんどん敷き並べて金物で緊結していきます。
 断熱材の施工は、先だって済ませる場合と並行する場合とがあります。
 1階床が組み終わったら、全体にシートを掛けて養生します。

3.棟上げ工事
 棟上げ工事はクレーンを設置して、全体で10人程度で朝から夕方まで一日かけて作業を進めます。
 1階の柱から組み立て始め、屋根の下地まで組み立てます。
 1階から2階の組立てに移る前に、1階部分の垂直を確認し、仮固定します。
 階が変わる毎に垂直確認をすることが重要です。
 屋根部分の組立てでは、当社仕様の屋根断熱の施工があるので、屋根断熱を
 仕様としていない建物と比べると時間がかかります。
 最初の一手間がより良い断熱・気密性能をつくります。
 一段落つきましたら、屋根に防水材を敷き、建物をシートで包んで養生して完了です。


棟上げ工事が完了すると、いよいよ建物内部の工事の始まりです。
これまでは、建物の高さがないので、実際の大きさを実感しにくいのですが、
棟上げ工事が完了すると、大きさに迫力を感じると思います。

さて、今回のご紹介はここまでとさせて頂きます。

今年は暖冬との噂ですが、まだまだ冷え込むのではないでしょうか?
防寒対策を早めに取り、風邪にお気をつけください。

クラフトビール

所属:設計 IC

氏名:倉下由美子

高断熱・高気密の東宝ホーム倉下です。
ビールを飲むのにちょうどよい季節ですね。(年中美味しいのですが)
うちからまあまあご近所に抜群な酒屋さんを発見しました。
ちょうど両親の結婚記念日が近くて、獺祭を飲みたいという父のために取り扱う酒屋さんを探していました。
通された薄暗く温度管理されている日本酒土間倉庫は『やややっ』と声を上げそうなくらいの品ぞろえ。しかも結構なレアもの。ここの酒屋さん、さてはやるな♪と思いながらお会計をしていると、反対側にビールが大量に入った専用冷蔵庫が!!!

ビール好きな母の誕生日も近かったので『やわらかピルスナー系から段々とパンチのどごしのあるものへ5種類おまかせチョイス』という無茶ぶりをいたしまして、店主さんが黙々とチョイスしてくださいました。
家で母と飲み比べしましたが、まーナイスチョイスです。味の好き嫌いは個人的なものなので書きませんが、本当に5種の変化が楽しめるものでした。原材料は一緒なれど、こうも気候・水・場所・作り手により味が違うものができるのか~と面白かったです。
今後友人との集まりだとか、誕生日プレゼントによいな・・・と勝手に思いをはせています。

工事の概要紹介(基礎工事)

所属:建設部

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、現場管理をしている吉田です。

朝夕が肌寒くなり、季節の移り変わりを感じるこの頃、風を引かないように気を付けております。

さて今回は基礎工事について、簡単に紹介します。

前回のブログにて紹介しました「仮設工事」の後に、地盤改良工事を施工する場合もありますが、そちらを飛ばして基礎工事を紹介しようと思います。

基礎工事の大まかな流れは、

遣り方 → 掘り方 → 防蟻処理(基礎工事とは違いますが)→ 防湿層施工や捨てコンなど

→ 外周部型枠 → 配筋 → ベースコンクリート打設 → 内部立上り型枠 → 立上りコンクリート打設

→ 型枠撤去 → 増し打ち → 清掃など

です。

場合によっては、型枠と配筋あたりの順番が前後する場合もあります。

【遣り方】
建物の配置を決め、基礎の各部位の位置の基準を出します。
写真では、基礎工事している範囲の周囲に見える木と糸が遣り方の特徴です。

【掘り方】
遣り方の基準を基に、基礎の埋まる部分の地面を掘ります。
掘った後は、砕石を入れ、地面を締め固めたりします。

【防蟻処理、防湿層施工、捨てコンなど】
地面に防蟻処理をしたり、防湿シートを敷いたり、施工のために必要な捨てコンというものを施工します。

【外周部型枠・配筋】
基本としては配筋をして、型枠を組むのですが、外周部は先行して型枠を施工します。
型枠は、コンクリートを押し止めて、そのままコンクリートの仕上がり形状となるので、
コンクリートに押し負けたり、ちょっとした振動で動かないように固定します。
配筋は、設計図書に合わせて鉄筋を準備し、配筋します。
チェックポイントは様々ですが、書ききれないので割愛します。

【コンクリート打設】
天候を確認し、コンクリートを打設します。
施工中は、時間との勝負なので、コンクリートの搬入がスムーズになるように手配したり、作業人数を確保したりと
事前準備が肝心です。
打設中は、振動機を使って型枠や鉄筋の隅々までコンクリートが入り込むように注意します。

【型枠撤去】
コンクリートを打設して、シートを被せるなど、天候等に応じてコンクリートを保護しながら、数日間置いた後に、
型枠を取り外します。

【増し打ち】
構造とは別の部分に、コンクリートを打設します。

【清掃】
基礎内部や基礎廻り、敷地内を掃除し、整理整頓します。

おおまかには上記のような流れです。
全体として、チェックポイントが非常に多くあり、書ききれませんので、割愛します。
建築中にどのように工事が進んでいくのか、なんとなくイメージして頂けると幸いです。

そろそろ冬季の管理となるので、特に気温に注意して、基礎工事を管理していこうと思います。

それでは、季節の変わり目ですので、御身体にお気をつけください。

自己紹介

所属:設計課

氏名:小松

高気密・高断熱の東宝ホーム小松です。

このたび、広島営業所に入社いたしました。
今まで培ってきた感性を活かして、設計を担当いたします。

私は、建築旅行が好きで、よく出かけるのですが、
日本には、美しい建築が多く存在しています。

中でも、内藤廣さんの建築作品は、独特の空気感で、
他にない建築体験を与えてくれます。

例えば、JR高山駅です。
構造が美しい建築で、大らかな包容力を感じます。

内藤さんの作品で、広島から近いところだと、
グラントワ(益田市)が、おすすめです。
また、ご紹介いたします。

そんな、建築好きな小松です。
今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

イス椅子いす

所属:設計課

氏名:倉下由美子

高気密・高断熱の東宝ホーム倉下由美子です。

さて、椅子の紹介第二弾。
第2位はエッグチェア(アルネ・ヤコブセン デザイン)です。
座った時に包み込まれるのと、背中が高いので視線も含めて隠れますのでおこもり感があって落ち着きます。外国人に合わせて設計されているので座面も大きくゆったりしています。
これが気に入っている理由です。座ってみないと良さが伝わりにくいですが、ぜひ味わってください。

第3位はラウンジアーム(ジョージ・ナカシマ デザイン)です。
今は高松の桜製作所で作っています。ひじ掛けが広くてコーヒーも置けるテープルを兼ねています。
座面は低めですが、背中のスポーク(棒)や座面の削り出しは体に沿ってとっても座りやすいのです。

こちらは私が小学生5年の時にモデルハウスで見かけて衝撃を受けて、こういうものを扱う仕事をしたい!!と決意した元になった椅子。そしてモデルハウスのお兄さんに聞いてインテリアコーディネーターという職業を知ったのでした。
今思うと、この椅子に惹かれるとはなんて渋い小学生だろう・・・とちょっと笑えます。道後温泉の『うめ乃や』さんにも置いてあるので、大人になって座りに行ってみましたが、やっぱり風合いといい、どっしり感といい、絶妙なバランスで好き好き度数は変わらなかったです(^^♪

番外編はピーコックチェア(ハンス・J・ウェグナー デザイン)木で作っているのに軽やかでゴージャスでまぁ綺麗です。
こちらもモデルハウス巡り同日に衝撃をうけた椅子です。

これらの椅子の辞典が欲しいと本屋に行って母に頼んで買って帰りました。
これが今も私のバイブルになっていて、デザイナーの名前や椅子の名前はほぼこれで覚えた感じです。
すべてのものは今もデザインが古くならず、かっこいい~。
似合う空間を、初心に戻ってつくっていきまーす。

仮設工事

所属:建設

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、工事担当の吉田です。

この度の、各地での自然災害により被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈り申し上げます。


さて、今回は工事の一つを紹介させて頂こうと思います。

工事の下準備、前提条件となる「仮設工事」をテーマにしたいと思います。

仮設工事では

・仮囲い
・トイレ
・電気
・水道
・足場

主に上記のような仮設物を準備します。

仮囲いは、
工事現場に人が入りにくいようにし、現場内から材料等が外部に飛んでいかないようにするために設置します。
敷地への入り口や、ネットの配置など、工事しやすく、近隣への安全を配慮した計画が必要です。

トイレは、
その名の通りで、工事中の現場従事者用のトイレとして設置します。トイレが設置できないような場合もあるので、
その際は近隣で設置許可を頂ける場所を探すこともあります。
誰しも、職場にトイレがないと大変だと思います。

電気は、
工事現場には電気がないので、工事に使用する電気を賄うために設置します。
電線から線を、敷地内の仮の柱等に引込み、電源を設置します。
電気がないと、電動工具が使えず、作業効率が落ちたり、作業ができなくなったりします。
夏場では扇風機等も使えず、熱中症の危険も高まります。

水道は、
電気と同様に、工事用の水を確保するために設置します。
土地によって、敷地内に給水管がある場合と、道路から新しく引き込まないといけない場合とがあります。
毎日の衛生面、現場前道路の掃除に必要で、工事によっては水が必須のものもあります。

足場は、
棟上げ工事や、建物の外周部や屋根の工事等を施工するために設置します。
外部に物が落ちにくく、人も転落しないように配慮した計画が必要です。
階段の位置を作業効率を考慮して決めることが大切ですが、建物の形状や敷地条件によっては
設置場所が限られることがあります。


以上の内容は全ての工事に共通かと思います。

写真は仮囲いを設置している様子です。
鉄板が敷いてあるのは、敷地と道路の境目の側溝を守るために設置しています。
こちらは全ての現場に共通する内容ではないので、今回は省略しました。


かたい内容になってしまいました。
このような回があっても問題ないですかね。

それでは、最近は不安定な天気が続いております。
急な雨の際は運転等にお気を付けください。失礼します。

おすすめ椅子

所属:設計課

氏名:倉下 由美子

高気密・高断熱の東宝ホーム倉下です。
このたび入社いたしました。インテリアコーディネートを担当いたします。
建設業は20年以上味わいまして、古いものから学んで新しい使い方や素材をミックスしてゆくのが奥深くて面白いです。

出展 www.e-comfort.info
せっかくインテリア担当なので、みなさんにデザイナー家具や照明のご紹介から。
本日はミースファンデルローエのバルセロナチェアです。ミースは近代巨匠3大建築家であり家具デザインもしている超有名人で、中でもこの椅子は最も有名です。詳しくは検索してみてください。
私は椅子を見つけると座り心地比べをして自分に合うかどうかをみます。今までの上位3位の1位がこちら。尋常ならぬ高身長なので座面から床までの長さもしっくりで、座面が広いのであぐらもかけて楽なのです。
最近引越をしたのでついに2年間温めていた椅子を清水の舞台から飛び降りて購入しました。といっても本物はお高いのでジェネリック家具です。
貼地は長持ちするので断然本皮がお奨めです。ジェネリックだと素材や色展開も豊富なので、自宅のテイストに合うようにキャメルの革を選びました。制作期間2ヶ月なのでまだ届いていませんが、待ち遠しいです。家具はいいものを一生使うほうが結局安くつき、愛着もわいてよいですよ。
他の注意点はサイズ感。自宅に新しい家具を入れる際には空間の広さに対して家具の大きさを測ってみてくださいね。通路がとれなくなったり、コンセントにだだかぶりして使いにくくなったりしがちです。
げげーんっという失敗防止のために家具やさんやコーディネーターに図面を持ってご相談されることをお奨めします。
では次回は第2位を。

所属:建設

氏名:吉田

高気密・高断熱の東宝ホーム、吉田です。

猛暑が徐々に和らいできた今日この頃。熱中症への警戒が薄まる中、台風の発生やゲリラ豪雨への緊張感はまだまだ和らぎません。
もうしばらくは、復旧と合わせて、予防も必要になりそうです。現場管理も気を付けます。

さて今回の投稿は、勝手ながら建築関連ではない内容にさせて頂こうと思います。

ごく一部ですが、社内からのリクエストもあったので、わが家の猫(ちゃん)を紹介しようと思います。

まずは後ろ姿です。
体格の良い猫で、首元がしっかりしています。ハンマー投げの室伏選手を思い出します。
また、黒い模様が少し入っているのが可愛らしいです。

この後ろ姿を見ると、つい撫でたくなります。

次に性格です。
ご覧の通り、外を眺めるのが好きです。
ただ、外に出ようとはしないので、室内にいながら外の風景を眺めたり、匂いを嗅いだりするのが好きなのだと思います。

また、気分屋であることは間違いないのですが、甘えるときはとても甘えます。
写真の撮り方が良くなく見にくいと思いますが、私が外出の準備をしているときに、カバンの中に入り込んでいるのを撮っています。
もう慣れたので、少し構ったのち、準備を続け、出発の時にはささっと抱きかかえて出します。

猫の年齢はシニアに入りました。
猫の体調を気にしながら、今後も共同生活を続けたいと思います。

それでは、建築関連の内容が全くありませんが、これにて失礼します。

夏!!

所属:総務経理課

氏名:矢野 沙織

高気密・高断熱の東宝ホーム
矢野です。



またまた、久々の登場になってしまいました。。。

少し前になりますが、休みの日にかき氷を食べてきました!!

といっても、目指していたのは映画館だったのすが、歩いていると汗がたらたら(^_^;)
少し時間があったので、知合いの方がしているかき氷専門店にお邪魔しました。

夏休みになると学生や女子たちでいっぱいになる有名なお店です★
今回は少しリッチに「ダブルメロン」を注文。
中にもメロンの果肉がびっしり!!
涼しいとおいしいで一気に幸せな気分になりました!(^^)!



先日、春日野展示場の草抜きをしましたが、風が少し吹いて気持ちよく感じました。
夕方になると心地良くなってきていますかね?

ご近所の方とも『涼しくなりましたね』と庭で話が盛り上がってしまいました。

しかし、昼間はまだまだ暑い日が続くようです。
みなさん体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ