TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

Instagramライブ配信にご注目!モデルハウスの内観などを紹介
東宝ホーム広島では、今年の夏からInstagramのライブ配信を始めました!

もう何度かご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんね♪

本日はその舞台裏と、実際にライブで配信した宿泊体験展示場のおススメポイントをご紹介します。


■自宅にいながらモデルハウスが見学できる!



新型コロナウイルス感染症の影響で、外出しづらいという方も増えている今日この頃。
いろいろな事情で展示場やモデルハウスに行くことが難しい、or頻繁には行けないというお客さまのために、ライブ映像でさまざまな情報を発信しています。


例えば初回にお送りした宿泊体験展示場編では、営業スタッフ2名が屋外~玄関~リビングへと移動しながら、間取りやデザインの魅力をお伝えしました。


 
まるでスタッフと一緒に家の中を見学しているような気分になれるのが、ライブ配信の魅力です♪


当社でマイホームをご検討中のお客さまや、これから宿泊体験をされる予定のお客さまにもご覧いただき、多くの反響をいただきました!


■スタッフのオススメ|宿泊体験展示場で見てほしいポイント

見逃した方のために、ライブでスタッフがご紹介した宿泊体験展示場の見どころをいくつかおさらいしましょう♪


 

1.収納力がすごい!シューズクローク
お客さまのご採用率が高い大容量のシューズクローク。ドアで仕切られているので来客からは中が見えず、いつも美しい玄関を維持できます♪


 
2.家事がとても楽になる!一直線の水廻り
キッチンのすぐ横に洗面室、その先にバスルームがあります。水廻りが直線上に並んでいるので、家の中を行ったり来たりする回数が減ってスムーズに家事がはかどります♪ライブでは実際に移動しながら動きやすさをお見せしました!


 
3.家族との距離が近くなる!人気のスキップフロア
キッチンの向かい側にあるカウンター付きのスキップフロア。料理中のお母さんと目線を合わせやすい高さに調整されています。お子さんにも大人気!ご宿泊時にはぜひここで読書などをお楽しみください♪


 
4.絶景を独り占めできる!開放感のあるリビング・ダイニング
スタッフのイチオシが、リビングから見える夜景です!高台の立地を生かして、リビングからもダイニングからも外の景色が楽しめるように工夫されています。


 
これを見て泊まってみたくなった方は、ぜひお申し込みを♪今の時季なら、外断熱ならではの室内の涼しさも体感できますよ!

宿泊展示場の詳細や、ご予約・お問い合わせはこちらから↓
https://hiroshima-toho.com/exhibition/?dno=2&area=3&detail=on&ex=0

ライブ配信の情報は東宝ホーム広島のHPで事前に告知します。次回の配信をお楽しみに!
2020.09.15 | 固定リンク | 家づくり
仕事の心得~営業スタッフ・糸賀の場合~
本日は昨年新卒で入社した営業・糸賀のスタッフインタビューです♪

いつも一生懸命な姿勢がお客さまに好評!朗らかな笑顔がチャームポイントです。






■楽しそうな雰囲気に惹かれて入社。

Q.東宝ホームに入ったきっかけは?

A.もともと建築系の学校でインテリアの勉強をしていたので、住宅業界には興味がありました。その中で東宝ホームがいいなと思った理由は、面接の時からとても話しやすい雰囲気だったからです。帰りがけに事務所の前を通ったら楽しそうな笑い声が聞こえてきて、こんな雰囲気の職場で働きたいと思いました。就職するにあたっては職場の人間関係を大事にしたいと考えていましたが、その点においてもここで良かったと感じています。ですが、仕事に関しては最初は不安でいっぱいでした。営業職なのに、人と話すのが苦手だったんです…。


Q.最初は苦手意識があった?

A.そうですね。まだ知識が少なくて話せる内容も限られていましたし、お話を聞き出すのも下手で。ですが、来てくださったお客さまには楽しい気持ちになっていただきたいと思って、よく笑ったり大きな声で話したりすることを心がけるようにしたら段々と会話が盛り上がるようになりました。笑うと場が和むのでお客さまにも話していただきやすくなるように思います。最近では勉強してご提案できる内容も増え、仕事がますます楽しくなってきました!




■「糸賀さんに任せたい」。その一言が嬉しかった!


Q.接客のときに気をつけていることは?

A.家の性能の話など、時に難しい内容を話すこともあるので、お客さまが疑問を残していらっしゃらないか1回1回確認するようにしています。とはいえ、実際にモデルハウスに泊まっていただいた方が性能の良さに納得していただけると思うので、まずは「宿泊してみませんか?」とお声がけするのが一番ですね。建てる前に住み心地を体験できるハウスメーカーは珍しいので、ぜひ利用していただきたいです。雨の日でも玄関に入ってすぐ、サラっと快適なのがご実感いただけます。この凄さは体験しないと分かりませんよ!


Q.仕事をしていて嬉しかった出来事は?

A.あるお客さまとのエピソードが心に残っています。そのご夫婦は半年くらい前から新築を検討されていたのですが、奥さまが妊娠中ということもあり、体調面で無理をされないように、じっくりと時間をかけてご相談や打ち合わせを重ねてきました。その後無事に出産され、家を建てる決意を固められた時におっしゃったのが「糸賀さんに任せたい」という言葉でした。やはりお客さまに信頼していただいた瞬間は大きな励みになりますし、その分強い責任感も感じます。安心して託していただくためにも、お客さまのペースで納得を得ながら家づくりを進めていきたいと思っています。


Q.休日のリフレッシュ法は?

A.音楽を聴くのが好きで、時間があればずっとYouTubeで流しています。特にBTSなどK-POPグループが好きで、ライブに行くといつも号泣してしまうくらい熱中しています(笑)。
【実証】夏涼しくて冬暖かい家は本当に実現できる!
マイホームに求める条件は人それぞれ違っても、「夏は涼しくて冬は暖かい家がいい」というのは誰もが望むことではないでしょうか。

でもそんな快適な家って、本当にあり得るのでしょうか?

東宝ホームの家はどうなの?データを取って検証してみました!








■8月11日快晴。外は34℃、室内は…25.8℃!


以下は2年前の8月11日に取った、モデルハウスの温度データです。外の気温と、室内(2階)、小屋裏、床下の温度を時間帯ごとに分けて測りました。

10:00 | 外気温32.0℃ 室内25.5℃ 小屋裏25.7℃ 床下24.7℃

14:00 | 外気温34.0℃ 室内25.8℃ 小屋裏26.1℃ 床下25.0℃

17:00 | 外気温33.0℃ 室内26.4℃ 小屋裏26.7℃ 床下25.1℃

外は1日中32℃~34℃の猛暑!ですが家の中は…一番高くて26℃台。家の中で最も暑いとされる小屋裏の温度でさえ、最高で26.7℃でした!


なぜこんなに家の中が涼しいのかというと、東宝ホームの家は外断熱+屋根断熱+基礎断熱で外の熱を徹底的にシャットアウトし、暑い外気温が屋内まで伝わりにくくしているからです。


 
それだけではありません。ハイブリッド・エア・コントロールという独自のシステムを使って、床下や壁の内側の淀んだ空気を外に排出。そして外の新鮮な空気を減湿して給気することで、熱気や湿気をこもらせないようにしているんです!


一方、冬場は地熱で暖められた床下の空気を壁の内側に循環させ、効率的に家全体を暖めています。だから、例えば真冬の2月2日のデータを見ると…


10:00 | 外気温 2.0℃ 室内25.1℃ 小屋裏24.0℃ 床下16.8℃


14:00 | 外気温10.0℃ 室内25.5℃ 小屋裏24.7℃ 床下16.9℃


17:00 | 外気温 9.0℃ 室内25.8℃ 小屋裏26.0℃ 床下17.6℃


このとおり、外気温が2℃~10℃にも関わらず、室内は1日中25℃台をキープしていました!



■家がいつも快適なら、エアコンは要らない!電気代が安い♪


家の中が一年中ほぼ適温ということは、エアコンをつける頻度が少ないということ。つまり、光熱費がお安くなるんです。

実際に東宝ホームの家に入居されたお客さまにヒアリングをしたところ、ひと月あたりの電気代(45人家族の場合)は、夏場で平均8000円~11000円(売電額5000円~8000円)、年間平均は約7500でした!

快適に暮らせる上に家計にもやさしい♪お得な家だと思いませんか?



当社では無料で宿泊体験できる展示場をご用意していますので、暑い今の時季にぜひ、泊まって心地よさを実感してみてください!


詳しくはこちらをご覧ください↓
https://hiroshima-toho.com/trial/

2020.08.11 | 固定リンク | 家づくり
仕事の心得~営業スタッフ・中村の場合~

本日はスタッフインタビュー第6弾です!

 

プライベートでは3児の父。カーディーラーから住宅営業へ転身したスタッフ、中村をご紹介いたします。

 

 

■「うちは最高峰の家だから」。力強い言葉に惹かれた


Q.入社するまでの経緯を教えてください。

 

A.以前は外国車のディーラーで営業をしていました。約10年間経験を積んだ後、新天地を求めて転職しようと考えたのですが、長らくお世話になった恩があるので同じ自動車業界のライバル社に行くのは嫌だ、全く違う業種にチャレンジしたいと思いまして。そこで住宅業で探していたところ、縁があって東宝ホームに出会いました。

 

Q.住宅業界を選んだ理由は?

 

A.実は転職する少し前にマンションを買ったのですが、ちょっと失敗したなと思ったところがあったんです。思っていたよりも狭く、近隣の音も気になったりして。担当の営業さんにはとても良くしてもらったので後悔はしていないのですが、次住むなら一軒家がいいという願望もあって、住宅に興味を持ちました。

 

Q.その中でも東宝ホームを選んだのは?

 

A.自分が販売した商品に不具合があってはお客さまに申し訳ないので、自信を持てる商品を扱いたいというのが私の希望でした。私が家を探していた時にも「うちはそこそこいい家です」なんてことを言う営業さんがいましたが、それじゃあ買う側も嫌でしょう?東宝ホームでは面接の時、役員に「商品には絶対の自信がある。うちは最高峰だから」ときっぱり言われたんです。他の人に聞いても同じ答えでした。私もそんな家を胸を張って売りたいと思いました。





■仕事に対する向き合い方が変わった

 

Q.実際に働いてみて感じたことは?

 

A.スタッフがみんなフランクで仲がいいのに驚きました。前職では個人で台数を稼ぐことが求められましたし、車検を気にしていかに早く売るかが肝心でした。しかしここでは何人ものスタッフが1つの目標をめざしてサポートし合う環境にあります。それに住宅の場合はお客さまと長くお付き合いすることが何より大切です。そういう意味では、同じ営業でも全く意識が変わりましたね。もっとも、お客さまの表情やちょっとした仕草に気を遣いながら話ができるのは、前職で修業を積んだおかげだと感じています。

 

Q.仕事に対するスタンスが変わったんですね。

 

A.妻からも「転職してストイックになったね」と珍しく褒めてもらいました()。まだ分からないことが多すぎて、本来は年齢的に頼られる存在でなければならないのに年下のスタッフに助けられてばかりなので、早く頼りにしてもらえるように日々帰ってからも勉強しています。知らないことが多いということは、伸びしろしかない!まだ成長できると自分に言い聞かせています。

 

Q.休日はどのように過ごしていますか?

 

A.うちには8歳、6歳、1歳の男の子がいるので、子どもと遊んで過ごすことが多いですね。最近一番下の子が私や妻を交互に見てよく笑うようになり、それがとても可愛いんですよ。将来は子どものためにも、当社で家を建てて住み替えたいですね。そのつもりで入社しました!

 

インテリアをもっと自由に!お洒落な部屋のつくり方を紹介

一生に一度の家づくり。せっかく建てるなら、インスタや雑誌で目にするようなセンスのいい家にしたいですよね?

 

本日は、今年の春完成したばかりの令和春日野モデルハウスを例に、お洒落なインテリアを叶えるポイントを解説します。

 

プロのインテリアコーディネーターが考えた、意外性のあるアレンジは必見です!

 

■細部へのこだわりが‘お洒落’を創ります!

 

こちらのモデルハウスはとにかく内装の評判が良く、特にLDKのデザインには多くのお客さまが注目されます。中に入ると、まずリビングで立ち止まって動かなくなる方がたくさんいらっしゃるんですよ()

 

その理由は、他にありそうでない珍しい素材をお部屋の各所に使っているから。

 

例えば、壁に並んだブラックのスイッチカバー。建具にもブラックカラーがポイント使いされているため、お部屋全体に統一感が出て締まった印象になっています。

 

ちょっとした所ですが、このような細部のアイテムにこだわることで「なんだかお洒落」な雰囲気をつくり出すことができるんです♪

 

リビングのドアには「モールガラス」というアンティーク家具などによく使われるデザインガラスを取り付けています。こちらも最近非常に人気の高い素材で、波打っている表面が表情豊かで素敵ですよね!

 

スタッフの中では、ダイニングの上に6つ並んだ温かみのある照明も人気です。

 





玄関手洗いの雰囲気もとてもお洒落ですよね!こちらにもブラックのアイアン棚を取り付けて統一感を出しつつ、照明の当て方にこだわってスタイリッシュに仕上げました。

 

■差し色を効かせると印象的なお部屋に♪

 

壁紙や床の色使いにもご注目ください。





 

こちらは主寝室。壁の一面にだけネイビーのアクセントクロスを使っているのがポイントです。全面ホワイトだったら無難におさまっていたところ、一面変えるだけでグンとセンスのある空間に見えませんか?

 

和室にはマスタードカラー♪和の雰囲気を壊さず、横のリビングのインテリアにもなじむ絶妙カラーです!

 



 

トイレの床は薄いブルーで爽やかに♪

 

サニタリールームにはブルートーンのタイルを貼り、ちょっぴり個性的なデザインに仕上げました。

 

その他にも見どころがたくさん!

こちらのモデルハウスは「家事“楽”動線の家」をテーマとしており、ファミリークローゼット兼ランドリールームを中心に1ヵ所で全ての家事が完結できる間取りになっています。

 

使い勝手の良さや、室内環境の心地よさにも注目しながらご見学くださいませ!

 

ご予約・お問い合わせはこちらから↓

https://hiroshima-toho.com/reserve/

2020.07.14 | 固定リンク | 家づくり