建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリー

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム広島スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

インテリアコーディネーターが教える|失敗しない収納術とは?

2019/12/12

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

皆さまは部屋の片付け、得意ですか?

いつ行ってもきれいに片付いている家って、一体何が違うのでしょうか?

その秘密は部屋の【収納】!

本日は当社のインテリアコーディネーター・倉下に聞いた【散らからない収納術】をお教えします。

■実は多い!?LDKの収納が足りない家

倉下によると、家の中で「収納不足」になりやすい場所No.1は【LDK】なのだそうです。

LDKの収納というと、食器や食材、調理器具などキッチン周りの収納スペースにばかり目が行きがちです。

しかし、意外と必要になるのはハガキ、ペン、印鑑、財布、時計など、こまごまとした日用品を入れる引き出しなんです。

ご自宅のリビングを見てみてください。DMや文房具、ヘアアクセサリーなんかがテーブルの上にポンと置いてありませんか?このような「置きっぱなし」が、部屋が散らかって見えてしまうポイントなんですよ(>_<)

そこでオススメなのは、日用品をスッキリしまえる「浅い収納」をリビングに設けること!ご家族の人数分、リビングでよく使う物が入るサイズの収納をつくっておくと便利です。

このプチ収納は、お客さまからも「あって良かった!」と喜ばれることが多いそうですよ♪

もう1つ、あると重宝するのは上着やひざ掛けなどを片付ける少し大きめの収納です。これらもソファの上に出しっぱなしになる率が高いですよね^^;

リビングに階段がある家の場合、階段下のスペースを有効活用してこのような収納をつくっておくと、部屋の中はいつもスッキリ!家事の手間がずいぶん省けます。

■要注意!一番失敗しやすいのは洗面脱衣室の収納なんです

そして、気をつけておきたいのは【洗面脱衣室】の収納です!

なぜなら、そのご家庭によって脱衣室の使い方に違いがあるから。
具体的には以下の項目をチェックしてみてください。

1.大きいバスタオルを使っている Yes / No
2.下着やパジャマを置いておきたい Yes / No
3.洗濯物を室内干ししたい Yes / No
4.洗剤はまとめ買いするタイプ Yes / No
5.洗濯物を予洗いすることが多いか Yes / No

例えば1、2、4がYesの場合は大きめの収納棚が必要になりますが、Noの場合は収納は最小限にして脱衣スペースを広く取った方が使いやすいでしょう。

3がYesの場合は、ホスクリーン(室内物干し)や畳んだ洗濯物を一時的に置く棚を取り付けると便利!

5がYesの場合は、洗面台と洗濯機を近くに配置して、収納棚は動線を遮らない場所に置いた方が家事がスムーズになります。

このように、「使い方」次第で洗面脱衣室の収納のつくり方は変わってくるため、よく考えて決めましょうね^^

東宝ホームでは、経験を積んだインテリアコーディネーターがお客さまに寄り添い、ぴったりの収納アイデアを提案しています。

倉下は特に収納を超・得意としていますので、気になることはお気軽にご相談ください♪

Article #131

仕事の心得&お客さまとの思い出~営業スタッフ中野の場合~

2019/11/28

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

営業スタッフの想い、そしてお客さまとのエピソードをご紹介するスタッフ・インタビュー第5弾☆

今回は、大きな体でお子さんたちの人気者!営業・中野に話を聞きました。

■話好きな性格を生かして住宅営業の道へ

Q.入社までの経緯を教えてください。

A.元は物流業界で管理職をしていたのですが、そろそろ新たなキャリアを築きたいと考え始めた時、エージェントの方に勧められたのがきっかけで住宅業に興味を持つようになりました。もともと人と話すのが好きだったので、営業職に就きたい気持ちもあり、全くの畑違いでしたが思い切って飛び込みました。

Q.実際に就業してからの感想は?

A.一から勉強しなければならないことが多く、最初は大変でしたね。新人だからといってお客さまにご迷惑をかけるわけにはいかないので、皆さんに頼らせてもらいつつ、自分ができることを必死に伸ばしてきたという感じです。まだようやく仕事が少しわかってきたという段階で、これからますます努力しなければと思っていますが、最近は自分の意外な特技も発見しました。

Q.それは何?

A.子どもに好かれることです(笑)。体が大きいからかもしれませんが、お客さまのお子さんたちには比較的すぐになついてもらえるみたいです。私自身も5歳と3歳の子がいるので、接し慣れているというのもあると思います。「ナカノ~♪」と呼んでくれる小さいお子さんもいて、可愛いですね(笑)。お子さんに楽しく過ごしてもらえると、親御さんも安心して打ち合わせに集中していただけるので、案外強い特技だと思っています。

■建築が難しい土地も諦めない。チームワークで課題解決へ

Q.最初に担当したお客さまとの思い出を教えてください。

A.マリーナホップの展示場に見学に来られたお客さまを、初めて担当させていただきました。「躯体がしっかりした丈夫な家を建てたい」とご希望の方で、モデルハウス内にある構造ブースをご見学いただいたところ、「木造で耐震等級3なのは凄いね!」と。当社が使っているJ-WOODという構造材にも関心を持っていただけたようです。

Q.その後、お客さまとはどんなお話を?

A.よく話を伺うと、もう土地が決まっていて他社で図面を作りかけていたそうなのですが、土地の制約もあって「実現困難」と断られたそうなんです。見ると高低差のある土地で、掘り込み車庫もついていたので確かに課題はありそうでした。ですが、見晴らしがとてもいい場所で、お客さまのご実家にも近いので利便性も良い。工夫次第で良い家ができるはずだ!と感じ、上司の力を借りながら間取りの提案をさせていただくことになりました。

Q.間取りについてのご希望はどのような内容でしたか?

A.「眺望の良さを生かしたい」とのリクエストをいただいたので、キッチンからもリビングからも外の風景が見やすいように工夫しました。また、難点だった掘り込み車庫~住宅へのアクセスも、何とか無理のない形に仕上がりました。打ち合わせの時にすごいと思ったのは、同席してくれた上司の説明力です。紙の図面をお見せしながら「ここで靴を脱いで…」と、実生活がイメージできるような分かりやすい話し方をしていて、それでお客さまにも納得していただいてご成約いただけたのではと思います。自分もこんな風にお客さまのお役に立てるようになりたい、と新たな目標ができましたね。

Q.お客さまからはどんな言葉を?

A.「私が中野さんの最初のお客さんになったんだね」とおっしゃってくださいました。いろいろ不慣れな点も多かったと思うのですが、温かい言葉をいただいてとても嬉しかったですね!これからのお付き合いを通じて、もっと信頼関係を深めさせていただければと願っています。

Article #130

映える!お洒落な部屋づくりはインテリアコーディネーターにお任せ♪

2019/11/15

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

本日は、お洒落な家をつくりたい人必見☆

東宝ホーム広島が誇る敏腕インテリアコーディネーター、倉下のインタビューをご紹介します^^

「インテリアコーディネーターって何をしてくれるの?」「失敗しない部屋づくりのポイントは?」といった皆さまの疑問にお答えしますよ♪

■お客さまの理想を形にする内装のプロ

Q.インテリアコーディネーターって、何をする人?

A.簡単に言うと、家の内装を手がける担当者です。お客さまにご希望を伺って建材、建具、照明を決めたり、収納の大きさ・場所や造作家具、電気配線の打ち合わせをしたり。つまり「住空間」に関わるさまざまなことを、お客さまと一緒に考えていく仕事です。

Q.お客さまとはどんなことを打ち合わせしますか?

A.どんな食器をお持ちなのか、洋服・本の量はどれくらいか、今お使いの家具のテイストや色味はどうか、といった内容をヒアリングしていきます。その上で使いやすい棚の大きさを考えたり、合いそうな壁紙の色味を提案したりしてインテリアの詳細を詰めていきます。

Q.お客さまの好みや理想は、人それぞれ違いますよね?

A.そうですね。そのため、まずはイメージ別のスタイルブックをお渡しして好きなページに付箋をつけてもらう作業をお願いし、それを元に、お好みに合いそうなインテリアをご提案していきます。【お気に入りの写真】を見せていただくのも大歓迎です!Houzz、インスタ、ピンタレストなどの写真を見せてくださるお客さまも多いですね。お客さまのスタイルを正確につかみたいので、何かヒントになりそうなものであれば何でもご遠慮なく教えていただきたいです。

■ほど良く流行を取り入れて‘その人らしい’インテリアに

Q.お洒落なインテリアを提案するために心がけていることは?

A.「ミラノサローネ」という世界最大規模のデザインの祭典が毎年、ミラノで開かれているのですが、流行の発信源はその祭典なんです。ですからインテリアコーディネーターは皆その情報を先取りして、毎年の流行を抑えています。最近では暖色よりもブルー、グリーン、グレー系の寒色が使われることが多いですね。金属系や大理石、タイルなどの素材使いもジワジワと流行り始めているので、そういうテイストを少し取り入れると新鮮な雰囲気になるかと思います。

Q.倉下さんのおススメは?

A.個人的には自然素材を使うのが好きなんです。塗り壁、無垢材、ガラスなどの本物の素材を適材適所に入れてあげると、部屋の風格がグッと増しますよ。壁や天井の一部にだけ無垢材を貼ったり、造作で無垢板を取り付けたりするのも、良いアクセントになっておススメです。

Q.インテリアコーディネーターから見た東宝ホームの魅力は?

A.家の機能性に優れているのはもちろんですが、住宅設備機器もかなりハイスペックなものを【標準】で使っているところです。ドアなども十分過ぎるくらい質の高いものを使用しているので、グレードを上げる必要性を感じません。オプション料金がかからないという点でも、お客さまにとってお得なのではないでしょうか。

Q.インテリアで悩んでいる方にメッセージをどうぞ。

A.一番大切なのは、全体のバランスを見ることです。失敗例で多いのは、「これがかわいい」「これを使いたい」とパーツごとに集めてしまい、全部合わせた時にミスマッチが生じてしまうパターンです。バランスを上手く取るにはたくさんの経験が必要ですが、その点、当社には専門のスタッフがいるので、利用しない手はありませんよ(笑)。ぜひお気軽にご相談くださいね。


また後日あらためて、倉下が提案する便利な収納術、照明の使い方などについてもご紹介予定です。

お楽しみに!

Article #129

OBさま訪問|住み方が変えられる!?多様性のあるMさま邸

2019/10/31

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

本日は東宝ホームOBさま・Mさま邸の詳細をご紹介します☆

ホワイトとブラウンの落ちついた外観。

すっきりとしたデザインで、永く住むほどに愛着が湧きそうです^^

■温かな色合いの無垢材で、部屋全体が優しい印象に

こちらのリビングの床、いいお色だと思いませんか?

これはニュージ―パインという種類の無垢材。「浮造り」という木目を目立たせる加工を施しているため、無垢材ならではの質感をより楽しむことができるんです。

ナチュラルホワイトの壁と相まって、お部屋が優しい印象になっていますね♪

奥のキッチン&ダイニングも白を基調としたデザインです。

横長の小窓は、「料理中にお子さんと目線を合わせていたい」という奥さまのご希望を受けて造りました。

実用的な上に、見た目もお洒落!ご家族の会話も弾みそうですね。

■シンプルな造りの部屋は多彩な用途に使えて便利☆

Mさま邸の特徴は、【汎用性の高い間取り】です。

2階には洋室2部屋と主寝室があり、他にはスキップフロアの書斎と、屋根裏の空間を利用したロフトも設けられています。

洋室は現在はご主人のワークスペースとして使っているとのことですが、お子さんが大きくなったら子ども部屋に変身☆

スキップフロアの書斎は、お子さんの学習スペースとしても活用しやすい造りになっています。

ご家族の成長に合わせてお部屋の使い方を自在に変えられるのは、良い意味で癖のないシンプルなレイアウトだからでしょう。

「これから時間をかけて自分たちらしい家にしていきたい。家づくりは建てた後も楽しいですよ」とMさまご一家は話しておられました^^

詳細はスーモマガジンの最新号にも載っています。ぜひ参考にしてくださいね☆

Article #128

価格優先か性能重視か?あなたにぴったりの住宅メーカーを診断

2019/10/29

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

お客さまが何を重視するかによって、住宅メーカーの選び方は変わります。

今日はチェックリストを元に、貴方に相性のいい住宅メーカーを診断してみましょう☆

■長期ローンはイヤ!短期間の住まいならローコスト

□住宅ローンはできるだけ背負いたくない
□短期間住むための住宅が欲しい
□土地にお金をかけたいので家は安くていい
□間取りや設備にほとんどこだわりがない

以上の項目に当てはまる人は、価格勝負のローコスト住宅がベストです。

例えば「ライフステージに合わせて住まいを変えたい」と考える人は、家にかけるお金は最小限にして他のことに投資した方が有意義でしょう。

もっとも、ローコスト住宅は設備や性能のグレードを低くして価格を抑えていることが多いので、「ちょっといいキッチンが欲しい」「耐震性は高い方がいい」といった希望が重なると追加料金が発生し、結果的にハイクラスの注文住宅と変わらない金額になることも。

良い家を建てようとすると、ローコスト住宅でもお金がかかるということは知っておいてください。

■ずっと住みたい、こだわりが2つ以上あるなら注文住宅

□長く住める家が欲しい
□家の快適性や安全性に関心がある
□自分好みの間取りやデザインにしたい
□長期優良住宅、ZEHなどの基準を満たした家が欲しい

以上の項目に当てはまる人は、【自由度が高くて性能を重視した家づくり】をしているメーカーを選んだ方がお得です。東宝ホームはこちらのタイプです^^

例えば一般の住宅が長期優良住宅認定を受けようとすると、設備のオプション料金に加えて諸経費として数十万円がかかる場合がありますが、東宝ホームは【標準】で長期優良住宅のため追加料金は不要!

はじめから価格が明瞭なので安心してご購入いただけますし、その上【自由設計】ですから間取りもデザインもフルオーダーメイドできるんです♪


家に何を求めるのかを明確にすれば、家づくりも楽になる!
お悩みの方はお気軽にご相談ください(^^)/

Article #127

仕事の心得~営業スタッフ渡部の場合~

2019/10/24

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

本日は営業スタッフ・渡部のインタビューPart2☆

東宝ホームに入った経緯や仕事で心がけていることについて聞きました。


■働きやすい環境が入社の決め手

Q.東宝ホームへ入社するまでの経緯を教えてください。

A.前職は外食産業系の会社で、全国に支店があったため、福岡、神奈川、愛知、鳥取、香川と各地に転勤し研鑽を積んできました。そろそろ一カ所で腰を据えて仕事がしたいと思ったタイミングで転職先を探し、東宝ホーム広島営業所に入社しました。私自身は愛媛の出身なのですが、広島に実家があってこのエリアに親しみを感じていましたし、他支店への転勤がなかったのも希望に合っていて。何より社長がとても気さくで話しやすい人だったことが、ここで働きたいと思った大きな理由です。

Q.住宅業界に入ってみての感想は?

A.厳しい業界というイメージでしたが、就労時間がきっちりしていてメリハリがあるので働きやすい環境だと思います。特に広島営業所は若い世代のスタッフが多く活気がありますね!東宝ホームの家については、勉強すればするほど良さを実感しています。建具や床材に関しても、通常は標準で使わないようなハイクラスのものを採用しているんですよ。その良さをお客さまにしっかりとお伝えしなければと思っています。


■お客さまの求めに的確に応えたい

Q.心がけていることは何ですか?

A.お客さまに親しみをもっていただくために、笑顔で接することです。また広島は地価が高くてなかなか買いやすい土地がないので、お客さまのご希望に沿う範囲でいかに良い土地をご提案できるか、という点にも注力しています。

Q.今後の目標を教えてください。

A.これから知識と経験を積んで、お客さまにより深い話をご提供できるようになりたいです。今はちゅーピー住宅展示場を担当しているのですが、まだ出来たばかりで皆さんに知られていないため、自ら動いて情報を発信していこうと考えています。それから地域になじむために広島弁もマスターしたいですね(笑)。

Article #126

お客さまと営業スタッフとの思い出~耐震性と快適さを重視した家づくり~

2019/10/17

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

本日は営業スタッフ・渡部にインタビュー。

数ある住宅メーカーの中から、東宝ホームを選んでくださったお客さまとの思い出を振り返ります。

■頑丈で快適に暮らせる家を求めて

Q.お客さまとの最初の出逢いは?

A.マリーナホップの展示場にお越しいただきました。最初はご主人だけで見学されたのですが、家の材質に関する知識が豊富な方で、当社が使っている構造材の【J-WOOD】に興味を持ってくださいました。その後詳しく話を伺うと、ご夫婦共に「頑丈な家」を強くご希望で「耐震等級3はマスト」と。東宝ホームは全棟、耐震等級3を取得していますし、耐久性にこだわった家づくりをしていますから、その点でお客さまのニーズに合致したのではないでしょうか。

Q.その後はどのような流れで打ち合わせを?

A.まずは当社の宿泊体験展示場に泊まっていただいたんです。7月の暑い時季だったのですが、「とても快適だった!」とご好評で、それから打ち合わせにもどんどん熱が入っていきました。【外断熱】や【壁内通気】の性能についても、実際に良さを体感していただけたのが良かったと思います。

■ご予算に応じてプランを練り、心から納得できる住まいへ

Q.プランニングについてはいかがでしたか?

A. 間取りに関しては水廻りの動線を重視されていたので、余裕がある広さ、動きやすさを追求した間取りになるよう、何度も打ち合わせを重ねましたね。ご予算に合わせて、お客さまの希望を伺いながら面積を削ったり、間取りを変更したりして金額面も調整していきました。他社も検討されていたそうですが、最終的にはご納得いただける価格で理想のプランが完成し、ご成約につながりました。

Q.お客さまとの関係で大切にしていたことは?

A.家の安全を大変気にされていたので、不安な点が残らないようにしっかりとお話をさせていただきました。大事なマイホームですから、たとえ当社で決まらなくとも納得できる家づくりをしてほしいというのが一番の想いです。何度もお会いする中で、ご夫婦お2人から積極的に質問していただき、私の話にもしっかりと耳を傾けていただける関係が築けたのが、何より嬉しかったですね。

Article #125

壁の色選びで失敗しないためのポイントとは

2019/10/15

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

家の中の雰囲気を大きく左右するクロス(壁紙)。

壁は部屋の中で一番面積の広い部分ですから、色選びで失敗したくありませんよね?

そこで今回は、インテリアコーディネーターに聞いたクロス選びのポイントをご紹介しましょう☆

■白・ベージュ・グレーをベースにして、アクセントクロスで個性を発揮

今はさまざまな色やデザインのクロスがありますが、一番おススメなのは、やはり白かベージュ、ライトグレーなどのベーシックな色です。

歳を重ねると誰でも好みが変わってくるもの。若い「今」の感性で選んだ斬新なデザインが、10年後、20年後も好きだとは限りません^^;

クロスの張り替えはかなりコストがかかってしまいますし、飽きのこない色をベースにしてしておく方が、家具の買い替えの時にも相性を選ばずコーディネートが楽です♪

その代わり一部の壁だけに目を引くアクセントクロスを貼ったり、トイレの壁紙で思いっきり遊んでみたりして個性を演出してはいかがでしょうか?

また湿度調整機能のついた「エコカラット」を部分使いすると、部屋の快適性が増しますしデザイン的にもメリハリがついて素敵ですよ。

■インテリアコーディネーターがお客さまに寄り添ってアドバイス

東宝ホームではどのようにして内装を決めているのかと言いますと、まずはお客さまにサンプルを3冊ほどお渡しして好みのページに付箋を貼っていただきます。

それを元に、インテリアコーディネーターがベストな組み合わせを提案。

お手持ちのテーブルやベッドの色味との相性まで、入念にチェックしながら打ち合わせを進めていきます。

ここまでできるのは注文住宅ならではの強みでしょう^^

東宝ホームの家は50年以上余裕で長持ちしますから、内装も長い目で見て納得できるものを一緒に選んでいきましょう☆

Article #124

モデルハウスの特徴を徹底比較☆マリーナホップ&ちゅーピー住宅展示場

2019/10/10

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

東宝ホーム広島では現在、HFMマリーナホップ総合住宅展とちゅーピー住宅展示場の2カ所に常設のモデルハウスを設けています。

本日はその2つの特徴や違いをピックアップ☆

ご見学に来られる際、注目していただきたいポイントをご紹介します。

■東宝ホームの家はなぜ快適?その秘密はマリーナホップで♪

HFMマリーナホップ総合住宅展にあるモデルハウスの特徴をざっくりとまとめると…

☆3階建てエレベーター付きで超・豪華
☆普段見ることのできない壁の内側や屋根裏の構造が分かる
☆1階、2階、3階で違ったコンセプトとデザインが楽しめる

1階はダークカラーをアクセントにした大人なデザイン、2階は夢が膨らむお洒落なキッチンとリビング、3階は壁の中や屋根断熱の仕組みを覗ける秘密の空間…と、各階ごとに異なる見どころがあります。

建物内部の構造を堂々とオープンにしているモデルハウスは珍しく、性能に興味のあるお客さまは必見ですよ!

■住空間を遊び尽くす!アイデア満載のちゅーピー住宅展示場

ちゅーピー住宅展示場のモデルハウスの特徴を要約すると…

☆どこに居ても明るさを感じる「光の演出」がスゴイ
☆家事動線が抜群!間取りをそのまま参考にできる
☆縦にも奥にも開放的な空間の使い方が面白い

まぶしいほど明るいエントランスとリビングは圧巻。吹き抜けからの採光の仕方にご注目ください。キッチン~洗面~浴室をスムーズに行き来できる家事動線の良さも、マイホームの参考にしていただきやすいと思います。

2つの和室、スキップフロアを利用した書斎、ホテルライクな寝室など、各部屋に隠された遊び心も見どころの一つです。


個人的には、マリーナホップの1階は成熟した大人世代、2階はトレンドに敏感な20代、ちゅーピーはこだわり派の30代におススメです^^

皆さまも、お気に入りの空間を見つけに遊びに来てくださいね♪

Article #123

OBさま訪問|離れのバイクガレージ付き!Tさま邸

2019/10/08

所属:広島営業所 総務経理課

氏名:矢野 沙織

本日は東宝ホームOBさま・Tさま邸の詳細をご紹介します☆

50代ご夫婦の2人暮らし。平屋建て3LDK+ロフト・納戸の母屋に、離れの2階建てバイクガレージ付き。大人の遊び心にあふれたお洒落な邸宅です。

■カープ中継を見ながら料理ができる☆ゆったりサイズのLDK

奥さまのご希望は、「リビングを広くとってゆったりとくつろぎたい」「カープの試合を見ながら料理ができるように、キッチンとテレビの位置を調整してほしい」。

それを叶えるために、LDKは直線に配置して広く見渡せるようにしました。キッチン横の洋室の扉を開けるとLDKと合せて20帖超の大空間に!さらにリビング上部は勾配天井になっていて、縦の空間がより広く感じられ、部屋のデザイン性もアップしています。

収納スペースの確保と第2の寝室用に、ロフト+納戸を設けたのもポイントです。「物が多いリビング付近に大容量の収納が欲しい。できればもう一つ寝室も」とのリクエストを受け、空きスペースを活用して両方を叶えました!

■離れのバイクガレージで仲間と共にお酒を堪能

ご主人のこだわりが詰まっているのが、2階建てのバイクガレージです☆1階は大型二輪を3台収容可。時を忘れてバイクいじりができる男性憧れの空間です^^

2階はバイク仲間とお酒を楽しんでいただけるよう、木製のカウンターをつけたBar仕様に仕上げました。照明や内装にもTさまのセンスが光っていますね!


担当させていただいた営業スタッフ・金野によると、「気さくで明るく、ご自分の意見を率直に伝えてくださるご主人と、いつも笑顔で奥ゆかしい奥さまとの打ち合わせは終始和やかで、いい時間を過ごさせていただきました」とのこと。

これから新しいマイホームで、趣味やお料理をますます楽しまれてください(*^^*)

Article #122

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ