TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ
よく聞く「ZEH」って、何?|ゼロ・エネルギー・ハウス
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今日は、家を建てる時によく出てくる難解ワードを分かりやすくご説明しましょう。

今回取り上げるのは「ZEH」!まず読み方から難しいですが(笑)、
「ゼッチ」と言います。



これは簡単に言うと「エネルギーを自給自足できる家」ということです。

つまり、
①太陽光発電などで必要な電力をつくる
②高断熱性能(外気温を遮断して夏は涼しく、冬は温かくする)でエアコン代を抑える
③省エネ設備で消費電力を抑える
という①②③の合わせ技で、「(断熱+省エネ)-創エネ≦0」になる住まいを「ZEH」と言います。

一般的に言われるZEHの欠点は、①と③の設備費用。これらをたくさんつけることでコストが高額になってしまうことでした。
しかし!東宝ホームの家は②の高断熱性能をグンと上げることによって、①と③は最低限に抑えながらエネルギーの自給自足を実現。
つまり、「安くてZEH化することに成功」したのです!これを私たちは「高断熱ZEH」と呼んでいます。

さらに嬉しいのは、東宝ホームの家はこの「高断熱ZEHが標準仕様」だということです。
オプション料金なしでZEHの家が建てられるって、案外珍しいことなんですよ。

この高断熱ZEHは、東宝ホーム最大の特徴の一つなのですが、なぜそれが実現できたかと言うと、当社が独自に「ハイブリッド・エア・コントロール」という工法を開発したからです。

この話は長くなるので、次回あらためて詳しくご説明しますね。
お楽しみに!
2019.01.24 | 固定リンク