TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ
注文住宅と分譲住宅、どっちを選ぶべき?それぞれのメリット・デメリットを紹介
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

【注文住宅】と【分譲住宅】って何が違うの?我が家に向いているのはどっち?

そんな疑問にお答えすべく、今日は注文住宅と分譲住宅それぞれのメリット・デメリットを解説しましょう。



■妥協なんてしたくない!エリアや間取り・デザインにこだわる人は注文住宅

注文住宅とは、間取り、デザイン、フローリングなどの材料、キッチン・バスなどの設備を一から自由に決められる住宅のことを言います。

ライフスタイルや趣味、家族構成に応じて、自分だけのオリジナルの家を造れるのが一番のメリット。家は一生に一度のお買い物ですから、「納得のいく家づくりがしたい」と思う人はだんぜん注文住宅を選ぶべきです。

もっとも、家づくりにはどうしても時間がかかるので、とにかく早く新居に住みたい!打ち合わせするのが面倒…という方には向いていないでしょう。



■スピード命!間取りやデザインが決まっている家を選びたい人は分譲住宅

分譲住宅とは、土地と新築の家がセットで販売されている建売住宅のことを言います。

間取りやデザインはあらかじめ決められていますが、その分注文住宅よりも比較的安く、既に完成している物件であればすぐに入居できるのがメリットです。

選んだり考えたりするのが苦手な人や、「子どもの進学などの関係で早く引っ越したい」という人には分譲住宅がベストでしょう。

とはいえ、希望するエリアに販売中の分譲住宅がない場合には諦めるしかありません。また、一般的な分譲住宅は似たデザインの家が多いので、個性を求める人には向いていないでしょう。

ところで、「強いこだわりはないけれど、没個性的な家は嫌」という注文と分譲の中間を求めている人に朗報です!

東宝ホームの分譲住宅には、他メーカーとはちょっと違う個性と魅力があるのです!

その詳細は…次回にお伝えしますのでお楽しみに♪
2019.04.23 | 固定リンク