TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

地球にもお財布にも優しい☆地熱を生かした東宝ホームの家
皆さまはこの夏、どこかお出かけになりましたか?

暑い夏の観光スポットと言えば、ヒンヤリ涼しい鍾乳洞とかが人気ですよね^^

鍾乳洞は地中にあるので太陽の熱が届かず、中の温度は一年中ほぼ同じ。

だから夏に行くと「涼しい♪」と感じるんですよ。

実は東宝ホームの家も同じ原理で造られていて、一年中同じ温度である「床下の地熱」を利用して快適な住環境をつくっているんです☆



■スタッフが測って確かめました!

床下の温度は実際、どれくらい安定しているのか?

それを確かめるべく、当社スタッフは1年間、ほぼ毎日モデルハウスの床下の温度を測り続けました!

平成30年6月 :外23~29℃、床下21~24℃
平成30年8月 :外27~35℃、床下24~25℃
平成30年10月:外13~29℃、床下20~23℃
平成30年12月:外 4~17℃、床下17~20℃
平成31年2月 :外 2~13℃、床下17~18℃
平成31年4月 :外8~26℃、床下18~21℃

予想以上にブレてない(゚д゚)!

外の温度が2℃~35℃まで変化する中、床下の温度は17℃~25℃の間。

ちょうど春や秋の頃の「エアコンなしでもちょうどいい」と感じる温度を一年中維持していました!



■地熱で床を適温にし、壁の中の通気にも活用

東宝ホームの家では、この床下の空気を利用して冷えがちな床を快適な温度にキープ。

さらに壁の中にも循環させることで「夏は涼しく、冬は暖かい家」を実現しているのです☆

光熱費がかからず、環境にも優しい家なんですよ^^

詳しい構造はスタッフがご説明しますので、ぜひ展示場へお越しくださいませ♪
2019.08.29 | 固定リンク | 家づくり