TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

東宝ホームが考える「長期優良住宅」とは
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今月最後のテーマは、「長期優良住宅」です。

皆様もよく耳にされると思いますが、長期優良住宅とは「長く、安心・快適に暮らせる家」として国が定めた基準をクリアした住宅のことを言います。

これは長く住める家を造ることによって、解体・建て替えによる費用や環境負荷を減らし、より豊かで優しい暮らしを実現することを目標とするものです。

東宝ホームの家はこの基準を満たすため、耐震、省エネ、劣化対策などを徹底していて、基礎、構造、外装下地に関する第三者機関(JIO)の厳しい検査を受けています。





また今月初めにお話した当社の理念「出迎え三歩、見送り七歩」を実現するため、アフターサービスに特に力を入れていることもぜひ知っておいていただきたいです。

当社のアフターサービスの特徴は、定期点検やメンテナンス専任のスタッフがいること。

営業マンや技術系社員が兼任するのではなく、専任のスタッフが責任を持ってメンテナンスを行っているので、いざという時も幅広く、スピーディーに対応することができるのです。

当社ではお引渡し後2カ月、6カ月、1年、2年、5年、10年ごとに点検を行っていて、ご入居後もしっかりとお客様に寄り添っていきます。



ちなみに当営業所のスタッフは、広島の出身者や、学生時代から広島に住んでいてこの地に愛着を持っているスタッフばかり。

地元愛とお客様への愛情をもって、長きにわたってお付き合いさせていただきたいと考えています。

お客様の生涯のパートナーとして、私たちを選んでいただけますと幸いです♪
2019.01.31 | 固定リンク | 家づくり
広島の気候にぴったり!【ハイブリッド・エア・コントロール】
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

さて、今日は広島で家を建てようとお考えの方に、耳寄りな情報を一つ。

広島はご存知の通り平野が少なく、住宅地は高台にあることが多いですよね?
高台の地は見晴らしがよく、きれいな夜景が楽しめるのが魅力ですが、困ったことに…冬は寒い!実際、平地に比べると気温がかなり低かったりもします。

そんな広島で家を建てる際には、寒さ対策がとても大切。そこで当社が独自に開発した空気循環システム「ハイブリッド・エア・コントロール」が実力を発揮するわけです。



ハイブリッド・エア・コントロールとは、外気や地熱をコントロールしながら床下や壁の内側に循環させることによって、夏は涼しくカラッと、冬はポカポカに保つシステムのことです。

自然の空気や熱を利用するので光熱費がかからず、前回お話した「高断熱ZEH」を実現する上でも重要な役割を果たしてくれています。

これを「外周壁内通気工法」と呼んでいるのですが、簡単に言うと、冬は通気のスイッチをOFFにして、床下から取り込んだ地熱を壁の内側で循環させることで室内を温かく保ちます。

逆に暑い夏はスイッチをONにして、壁の内側の湿った熱い空気を外に放出することによって涼しく、湿気の少ない状態にするのです。家が蒸れないので、腐食や白アリも防ぐことができます。

「そんなこと本当にできるの?」と思われた方は、ぜひ今の時期に当社自慢の宿泊体験展示場へお越しください。

とっても温かいです♪

詳しい性能についてもスタッフがご説明しますので、お気軽にお問い合わせくださいね!
2019.01.29 | 固定リンク | 家づくり
よく聞く「ZEH」って、何?|ゼロ・エネルギー・ハウス
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今日は、家を建てる時によく出てくる難解ワードを分かりやすくご説明しましょう。

今回取り上げるのは「ZEH」!まず読み方から難しいですが(笑)、
「ゼッチ」と言います。



これは簡単に言うと「エネルギーを自給自足できる家」ということです。

つまり、
①太陽光発電などで必要な電力をつくる
②高断熱性能(外気温を遮断して夏は涼しく、冬は温かくする)でエアコン代を抑える
③省エネ設備で消費電力を抑える
という①②③の合わせ技で、「(断熱+省エネ)-創エネ≦0」になる住まいを「ZEH」と言います。

一般的に言われるZEHの欠点は、①と③の設備費用。これらをたくさんつけることでコストが高額になってしまうことでした。
しかし!東宝ホームの家は②の高断熱性能をグンと上げることによって、①と③は最低限に抑えながらエネルギーの自給自足を実現。
つまり、「安くてZEH化することに成功」したのです!これを私たちは「高断熱ZEH」と呼んでいます。

さらに嬉しいのは、東宝ホームの家はこの「高断熱ZEHが標準仕様」だということです。
オプション料金なしでZEHの家が建てられるって、案外珍しいことなんですよ。

この高断熱ZEHは、東宝ホーム最大の特徴の一つなのですが、なぜそれが実現できたかと言うと、当社が独自に「ハイブリッド・エア・コントロール」という工法を開発したからです。

この話は長くなるので、次回あらためて詳しくご説明しますね。
お楽しみに!
2019.01.24 | 固定リンク | 家づくり
比べるとわかるJWOODの耐久性
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

本日は家の頑丈さを決める木(構造材)についてお話ししましょう。

皆様は木造住宅のトラブルとして、「床がキシキシ鳴る」「ふすまが閉まりにくくなった」といった話を聞いたことがありませんか?

実はその原因は家に使用されている木材にあるんです。
木というのは伐採された後も生きていて、木の柱の中には水分が含まれています。
それが年数が経つうちに乾燥して痩せると、「反り」「狂い」「割れ」が生じて、上記のようなトラブルが発生するのです。



東宝ホームではこのトラブルを避けるため、【JWOOD】いう構造材を家づくりに使用しています。

これは丈夫な成木を薄くスライスし、何層にも重ねて圧着して作られた特殊な木材です。

ポイントは薄い木材をそれぞれしっかりと「乾燥」させてから重ねていること。そのため木の中に含まれる水分量が限りなく低く、時間が経っても木が痩せにくいのです。



とある実験によると、JWOODを使うと従来の木造住宅の2倍以上の耐力が認められたのだとか!凄いですよね。

頑丈さを確認するために私は以前、釘打ち体験をしてみたことがあるのですが、JWOODに打った釘はとにかく抜けにくい!そして踏み心地も天然の木材とは明らかに違い、タフさを肌で実感しました。

東宝ホームではこのJWOODを標準仕様にしていますから、オプション料金の必要なく使用していただけます。
これってかなり自慢できることなんです♪

詳しい解説は展示場などでも行っていますので、ぜひ見に来てくださいね!
2019.01.22 | 固定リンク | 家づくり
初めての家づくりで絶対に押さえたいポイントとは?
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

突然ですが、家づくりをする時に大切なことって何だと思いますか?

腕のいい業者を選ぶこと、建てたい家のイメージを固めること、予算を決めること…。これらのいずれも大切なことですが、まず最初にポイントとなるのが「ご自身と相性の良い営業担当と出逢うこと」です。



相性が良いかどうかを見極めるには、「できないことを正直に教えてくれる営業担当かどうか」を見て、逆にお客様の側からも「自分がやりたくないことを正直に言えるかどうか」で判断してください。

家というのは大きな買い物ですから、誰だって妥協はしたくはありませんし、自分の理想を100%叶えたいですよね?

しかしながら、家づくりの際にはどうしても土地の制約、予算の制約、構造上の制約があり、さまざまな場面で理想を阻む壁にぶつかることがあります。

そんな時、無責任に「できます!」と答えておいて、結果的にお客様の望みが叶わないのは論外ですし、「これは無理だから変更しましょう」と言ってお客様が求めていない方向に進められてしまうのも悲しいですよね。

ですから、営業担当がお客様に対して正直であることはもちろんですが、お客様ご自身も営業担当に対して「ここはこうして欲しい」と正直に言える関係性が大切になってくるのです。



お客様にはぜひ、いろいろな所を回っていただいて「この人なら信頼できる」と思える営業担当を見つけて欲しいと願っています。

もちろん私たちも親身になって対応させていただきますので、ちょっとしたことでもぜひお気軽にご相談くださいね♪
2019.01.17 | 固定リンク | 家づくり