TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

広島で人気の建売分譲地を紹介!【廿日市市】サニーガーデン平良
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

新しい住まいを考える時、「どこに住むか」はやはり重要なポイントですよね?

そこで本日は、広島で人気のエリアの1つ【廿日市市】にスポットを当ててご紹介したいと思います。



■買い物やレジャーで人気の施設が充実
ゆめタウン廿日市などの大型商業施設ができて、最近ますます活気が出てきた廿日市市。

落ち着いた雰囲気があり、なおかつ広島市内へのアクセスも良いという「都会過ぎず、田舎過ぎないちょうど良さ」が魅力で、子育て世代には特に人気のエリアです。

市内には世界遺産「厳島神社」があり、「フォレストアドベンチャー広島」など豊かな自然を生かしたレジャー施設もあるので、休日にお子さんを連れてお出かけするのにも便利ですよ。



■サニーガーデン平良の分譲住宅が好評販売中!
東宝ホーム広島営業所でも、廿日市市にある物件情報を公開中です。

現在すぐにご案内できるのは、廿日市市平良1丁目にあるサニーガーデン平良の分譲住宅2棟です。

広島ではめずらしく平地にあるので、徒歩での移動が楽!歩いて行ける距離に駅があり、大きなバイパスやインター、岩国空港からも近いので通勤・通学もしやすいですよ。

校区は平良小学校、七尾中学校になります。

建売ながら間取りにもこだわりがあって、注文住宅を請け負っている建築士が手掛けているので、各棟に個性が感じられる造りです。

ちょっとしたカウンターが設けられていたり、吹き抜けがあったりして、いわゆる一般的なな分譲住宅とは一味違う魅力が感じられます♪

廿日市市で住まいをお探しの方は、ぜひお問合せくださいませ!

>>【サニーガーデン平良】の概要はこちらより【公開終了】
宿泊体験をされたお客様の声~東宝ホームのここが好き~
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今回は、東宝ホームの家で宿泊体験をされたお客様のリアルなお声をご紹介します!

「家を建てる前に住み心地を無料で体験できる!」として大人気の東亜祇園ニュータウン春日野・宿泊体験展示場。

実際にお泊りになられたお客様は、どのような感想を持たれたのでしょうか?



■冬場のお客様の感想・第1位は「暖かーい!」
秋口から冬にかけて宿泊されたお客様から一番多く寄せられた感想は、やはり「暖かくて過ごしやすい!」でした。

「床暖房がついているのかと思った」「外に出てはじめて今日は寒いことに気づいた」などなど、東宝ホームの大きな特徴である【断熱性能の高さ】にびっくりされた方が多数でした。

「お風呂や脱衣所の床が冷やっとしない」など、バス・トイレ回りの暖かさに感激されたお客様もいらっしゃいました。

これは泊まってみたからこそ実感できることですよね!

「光熱費が安くて済みそう」と、家計の面でお得感を感じた方もおられたようです。



■広々としたリビング回りも人気
次に多かった感想が「リビングが広くて伸び伸び過ごせる」というもの。

小さなお子さんがいるご家族からは、「子どもが楽しそうに走り回っていた」というほほ笑ましいエピソードも聞かせていただきました♪

実は、このお家のコンセプトの一つが「家族が自然に集まる快適なリビング空間」で、ご家族皆さんでくつろいでいただけるよう、開放感のある造りになっているんです。

また「キッチンからテレビや和室にいる子どもの様子が見られるので家事がしやすい」というお声も。リビング回りの使い勝手の良さは、ぜひ実際に家事をして試していただきたいポイントです!

他には「デザインが気に入った」「ウッドデッキが使いやすかった」といった感想もあり、皆さまそれぞれ楽しくお過ごしいただいたようです♪

まだ体験されていない方は、ぜひ試してみてくださいね!

広島で唯一「東宝ホームの宿泊体験」ができる東亜祇園ニュータウン春日野の間取り詳細は

>>こちらでご覧ください!
東宝ホーム建築士アドバイス!人気の間取り【和室編】
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今日のテーマは、「和室って、やっぱり造った方がいいの?」。

昔なら当たり前のようにあった和室ですが、洋室が中心になった今、あえて和室を設けるメリットは何なのでしょうか?

今回も当社在籍の建築士に、実例をもとに教えてもらいました。



■実際には多くのお客様が和室を造っている!
結論から言いますと、実は当社広島営業所で担当させていただいたお客様のほとんどが和室を設けていらっしゃいます。

昔ながらの客間のような大きい和室を造られる方は少ないのですが、LDKの一角などに小上がりタイプの和室や畳コーナーをつくるのが最近のトレンドです。

理由としては、やはり畳ならではのリラックス感を求める方が多いようですね。また、お子さんのおむつを替えたりする時、板張りよりも畳の上の方がいいというお母さんもいらっしゃいます。

変わったタイプでは移動式の畳などもありますから、生活スタイルに応じて使い勝手のよいものを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。



■おしゃれな琉球畳ならリビングの雰囲気にもマッチ
トレンドとしては、洋風建築にも合いやすい「琉球畳」とも呼ばれるヘリなし畳が人気で、お客様の半数くらいがこれを採用されています。

小上がりタイプの場合は30~40㎝前後の段差を設けると、ちょっとした腰かけにもなりますし、お子さんもつまづきにくいのでおすすめです。

その他、ご希望に応じていろいろなご提案をさせていただきますので、気になる方はお気軽にご相談くださいね♪
2019.02.21 | 固定リンク | 家づくり
東宝ホーム建築士アドバイス!人気の間取り【リビング編】
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

本日は、「そろそろ家を建てようかな」とお考えの方に耳寄りな、今人気の間取りについてご紹介します。

今回取り上げるのは「リビング回り」です。

当社在籍の建築士が、最旬トレンドを教えてくれました。



■間仕切りが少なく、家族みんなが集うリビング
ここ15年くらいの間で主流となっているのは、リビングを家の中心に置き、家族全員がリラックスして過ごせるように広めのスペースを取る造りだそうです。

少し昔であれば、家族それぞれのプライベート空間を意識した仕切りの多い造りが人気だったのですが、今は「家族同士が顔を合わせる機会を多くしたい」とご希望の方が増えているようです。

「個室で勉強するよりも、リビング学習の方が子どもの集中力が増す」という話も最近よく聞きますから、その影響もあるのかもしれませんね。

実はこのリビングが中心の家というのは、昔ながらの日本家屋の造りに似ているのだそう。

確かに、家族仲がいいサザエさん一家の間取りも居間が中心にあったような(笑)。



■家事のしやすさを考えたLDKの造り
一方、昔の家と異なるのは、ほぼ100%の家が「LDK」、つまりリビングからダイニング、キッチンまでがつながっている造りを採用していることです。

今は自宅にお客様を招くお家も減っているので、家事のしやすさを第一に考えて動きやすい造りが人気なんですね。

小さいお子さんがいるご家庭だと、家事をしながらお子さんを寝かせられるように、リビングそばに和室を設けるお家も多いようです。

東宝ホームでは、他にも豊富な実績からお客様の生活スタイルに応じた住み心地の良い間取りをご提案しています。

ぜひお気軽にご相談ください♪
2019.02.19 | 固定リンク | 家づくり
頑丈で長持ちする家をつくるために必要なこと|シロアリ対策とJWOOD
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今回は、家にとって大敵である「シロアリ」のお話をしましょう。

シロアリが家に住み着いてしまうと、木材や壁を食べてボロボロにし、倒壊の危険を招いてしまう…という恐ろしい話を一度は聞かれたことがあるでしょう。

とはいえ、新築で家を建てる時からシロアリの心配をする方はあまりいらっしゃらないかもしれませんね。

しかしながら、シロアリは日本全国ほぼどこにでも生息していて、広島市のホームページでも注意情報が掲載されているので、決して他人事ではないんですよ。

>>シロアリに関する広島市の情報



■3段階のシロアリ対策でずーっと家を守る!
実は東宝ホームはシロアリ被害の多い九州に本社があるので、以前から徹底したシロアリ対策を行ってきました。

その1つが強い木材です。東宝ホームでは「JWOOD」という、スライスした成木を何重にも重ねて作った構造材を使用しています。

この木材を作る過程で、まずはシロアリが嫌う特殊な薬剤と防腐剤をしっかりと注入しているので、高い防腐・防蟻効果が期待できます。

次に家を建てる前に土地にもシロアリ防止処理を行い、さらには土台や柱にも再度薬剤を散布して効果を高めているのです。

これだけシロアリ対策を徹底しているので、一般的には防蟻保証は5年の所が多いのですが、東宝ホームはなんと10年間の保証付き!「シロアリ防除施工証明書」という保証書も必ず発行させていただいているんですよ。



■高い強度も誇る「JWOOD」
以前にも少しお話しした通り、JWOODは成木の1枚1枚をしっかりと乾燥させてから製造しているので、時間が経っても反りや割れが生じにくい強い構造材です。

そのため10年、20年後も耐震性能が変わらず、長く安心して住み続けていただけるのも特徴です。

家を建てる際には、このような耐久性についてもチェックしてみてくださいね!
2019.02.12 | 固定リンク | 家づくり