TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ
外断熱だけでは足りない?壁内の通気を実現するエアコントロール住宅
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

皆さまは「外断熱」の特徴について聞かれたことはありますか?

外断熱は柱の外側、つまり柱ごと、建物全体を断熱材で覆う工法のことを言います。





■【高気密・高断熱】が外断熱のメリット

左側が一般的な内断熱の家、右側が東宝ホームの外断熱の家です。

柱と柱の間に断熱材を詰める「内断熱」の家と比較すると、外断熱の家は気密性が高く、断熱性能も高いのがメリット。

外の気温に関わらず屋内のどこでも冬は暖かく、夏は涼しい状態を保てます。

そのため東宝ホームでもこの「外断熱」を採用していますし、他の住宅メーカーにも採用しているところはあります。

もっとも、外断熱は気密性が高いがために、何もしないと壁の内側に湿気がこもりやすいのが欠点です。

そこで東宝ホームでは「外断熱」にプラスして「ハイブリッドエアコントロールシステム」という独自の技術も取り入れています。



■壁の中の機械が家の大敵「湿気」を排除

東宝ホームの家はまるごと断熱材で覆われているため、外気が勝手に入ってこないようになっています。

その代わりに写真に映っているダクトを通じて壁や床下の淀んだ空気を外へ出し、排熱・排湿しているのです。これを「ハイブリッドエアコントロールシステム」と言います。

熱気や湿気がこもりやすい夏場は、カラッと涼しい状態をキープ♪逆に乾燥して寒い冬場は、地熱で暖められた床下の空気を循環させてお金をかけずに家を暖めています。

外断熱の家を建てたいなら、このような「通気性」も合わせてチェックしてくださいね!

エアコントロールについて詳しく知りたい方は、広島マリーナホップの住宅展示場にある当社のモデルハウス内に構造模型を設置していますので、ぜひ見に来てくださいませ。

スタッフが丁寧にご説明いたします!
2019.03.28 | 固定リンク