TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

OBさま訪問|室内の快適さにこだわった♪和モダン住宅【Yさま邸】
本日は東宝ホームOBさま・Yさま邸をご紹介します♪

2階建て3LDK、「和モダン」をテーマにしたハイデザイン住宅です。







■憧れのⅡ型キッチン♪ダークブラウンが効いた大人仕様のLDK

まずご覧いただきたいのが、ダークカラーの無垢材が目を引くシックなLDK。

この床とキッチンの色味、すごく素敵ですよね♪

ミディアムブラウンの床に、ワントーン濃いダークブラウンのキッチンを合わせることで、お部屋の印象がグッと引き締まりました。

LDKの横には和室がつながっているのですが、このヴィンテージ感のある色合いの効果でしっくり馴染んでいるのがポイント。和モダンの雰囲気に合わせて選んだ照明も良い味を出しています。

天井の一部に木材が貼られているのにもご注目!部屋の温かみがさらに増す効果があるんですよ。

そしてこちらのキッチン、実用性にもとても優れているんです♪

「Ⅱ型キッチン」という調理カウンターが2本並んでいるタイプで、作業スペースが広く取れて収納も多いのが特徴です。

奥にはパントリーまでついているので、何かと物が増えがちなキッチン周りもスッキリ片付きます。

使ってみたYさまによると、「配膳、片付けが楽!広いので圧迫感もなくていい♪」とのことでした!







■細部にまでこだわったデザインと、感動的な室内環境に大満足!

シックな印象のLDKとは対照的に、プライベートな空間であるトイレにはちょっぴり遊び心をプラス。どこか懐かしさを感じさせるレトロなタイルが、床の色合いとマッチしてお洒落ですよね。

一方、2階のトイレは華やかな壁紙を使って明るい雰囲気に仕上がっています。

さらに、一緒に住んでいる猫ちゃんのためにもひと工夫。部屋の一角に間仕切りをした専用スペースをつくり、来客から猫用トイレなどが見えないように配慮しました。猫が自由に出入りできるドア付きなので、猫にとってもストレスが溜まらずいいですね♪

Yさまご一家が実際に住んでみてのご感想は「暖かい!とても快適♪」。
真冬の今の時季でも、日中はエアコンをつけなくても大丈夫なのだとか!

特に足元の冷え方が全く違うそうで、「お風呂上がりも寒さを気にせずゆっくり着替えができるようになった」とのことでした。

また内装には湿度のコントロール力に優れた塗り壁を採用しているため、乾燥も少なく過ごしやすいそうです^^

デザイン性と機能性、両方を兼ね備えたYさま邸。詳しくはSUUMO最新号にも掲載されています。ぜひご覧ください♪
2020年にお洒落な家を建てるには?インテリアの流行をチェック
新しい年が幕を開けましたね!

今年こそはマイホームを!と意気込んでいる貴方のために、本日はお洒落な家を建てるために欠かせない【インテリアの最旬トレンド】をご紹介。

世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」のトレンドをもとに、2020年前半に流行りそうなアイテムやデザインを予想します。





■グレーorスモーキーカラー、ナチュラルテイストがキーワード

1.グレー寄りの色使いで部屋を洗練された印象に

流行の発信源・ミラノでここ数年多用されているのが、グレートーンを基調としたスモーキーカラーです。その中でもブルーやグリーンなどの寒色系が使われることが多いようです。

グレー系はさまざまな色となじみやすく、大人っぽい雰囲気になるのが魅力。カーテンの色などに取り入れると、部屋が一気にあか抜けますよ♪

2.丸みのあるナチュラルテイストにハードな素材をミックス

昨年から多く見かけるようになったのが、円形のテーブルや丸みのある椅子など、優しい印象を与えるデザインです。自然でリラックスできる雰囲気を与えてくれますし、角にぶつかる心配がないので小さいお子さんがいる家庭にもぴったりです。

一方、最近では金属、大理石、タイル、ガラスなどハードな素材を用いたデザインも徐々に増え始めているので、これらを部分使いするのもおススメ!例えばクロスを貼ったキッチンの壁の一部にタイルを貼ったり、洗面台を大理石にしたり。ナチュラル&ハードのミックスデザインで、流行を先取りしてみませんか?





■屋外の風景をも部屋に取り込む|新しい照明使いに注目!

照明の使い方にも、新しい流行が生まれそうです。

現代住宅における照明のポイントは、「いかに美しく壁を照らすか」。

というのも、人間の目は天井に向くことはほとんどなく、日常生活ではおのずと壁にばかり目がいっているからなのだそうです。そのため壁を高・中・低の3つの高さに分けて、目線を誘導するように照明を当ててあげると部屋にグンと奥行きが出ます。

そしてこれからは、「外の風景まで取り込むような照明の当て方が主流になっていく」と予想されています。例えば、庭の樹木やウッドデッキをライトアップすると、部屋の内と外を自然につなぐ効果が。インテリアコーディネーター曰く、「主張し過ぎないライティングをするのが、部屋をより広く見せるポイント」だそうです。

インテリアのヒントを得るには、モデルハウス見学がおススメ!実際に見て、素材を触ってイメージを固めてくださいね♪

今年もスタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしています^^
2020.01.16 | 固定リンク | 家づくり