TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

ハイクラスをすべてのお客さまに|東宝ホームの家がお買い得な理由を解説
東宝ホームの家が気になるけれど、ちょっと高いな…とお思いの方へ。

価格だけをみると確かにそう感じられるかもしれませんが、実はそれ以上の価値がギッシリと詰まっていることをご存知でしょうか?

契約した時は「安い!」と思ったのに、オプションをつけていったらかなりの高額になっていた…ということ、ありますよね?

東宝ホームでは基本的に、そんな心配がありません。
なぜなら、お客さまが当然欲しいだろうと思われるものは標準でご用意しているからです。





■ランクを上げる必要なし!標準で良質な建材・設備が手に入る

以下に挙げるのは、当社のお客さま邸全棟に使用されているものです。

1.外の熱気や冷気を寄せつけないペアガラス(複層ガラス)
遮熱・断熱・結露防止効果の高い高機能な窓ガラスです。紫外線もほぼ100%カットする優れものです!

2.高機能な断熱材:キューワンボード
高性能の硬質ウレタンフォーム断熱材です。熱伝導率は従来のグラスウールの約4分の1!これを柱の外側から貼って家全体を包み込むことで、優れた断熱性能を発揮します。

3.屈強な構造材:J-WOOD
一般的な無垢材は約25%、集成材は15%〜20%の水分を含んでいるため、時間が経つと腐り、割れ、反りが発生しやすくなります。これに対し、東宝ホームが使用しているJ-WOODは含水率10%未満!劣化しにくいため、新築時とほぼ変わらない強さをキープできます。

4.シロアリ対策処理
構造材にはすべてシロアリ対策・防腐対策が施されています。人体に害のない薬剤を構造材の中心部にまでしっかりと浸透させているから、効果は半永久的なんです!

5.耐久性抜群の屋根材:コロニアルグラッサ
当社では色あせや汚れに強いガラス質コーティングの屋根材を使用。年数が建っても大規模な補修はほとんど必要ないので、これが標準で付くだけでもかなりお得です!

このように挙げると、いかに普段目につかない部分にまで上質なものを取り入れているかがお分かりいただけると思います。

またキッチンなどの屋内設備も、通常だとオプション料金がかかるレベルのハイクラスの製品を搭載!さらに1階の床材は、足が冷えにくいと好評の無垢材もお選びいただけます。



■メンテナンス費を安く抑えられるのが一番のメリット

以上のことから、お客さまが「耐震性は?」「室内環境は?」と1つ1つ気にしなくとも、当然のように快適な家、時間が経っても頑丈な家が手に入るんですよ!

そして何より嬉しいのが、耐久性の高い建材ばかりを使っているためメンテナンス費が一般的な住宅よりも安く済むことなんです^^

長い目で見るとより一層【お得な家】だということを知っていただけたのではないでしょうか?

品質へのこだわりについては、詳しくは営業スタッフが熱を込めてご説明いたします!
お気軽にお尋ねください♪
2020.03.12 | 固定リンク | 家づくり
OBさま訪問|小上がりリビングがお洒落【Iさま邸】
本日は東宝ホームのOBさま邸を拝見☆

広々と開放的なLDKは圧巻!スタイリッシュで実用性にも優れたIさま邸です^^







■モデルハウスを参考に…ステップフロアリビングを採用

まず目を引くのは、広い吹き抜けが伸びやかな明るいリビング。

等間隔に並んだ窓からはたっぷりと光が降り注ぎ、白い壁を美しく照らしています。

こちらのリビング、実はマリーナホップにあるモデルハウスのデザインを採用していただいたんです^^

キッチンよりも2段上がった位置にリビングがあることで、空間にメリハリが生まれてエレガントな雰囲気が感じられますね!

家族が集まるダイニングも、ゆとりをもたせた造りです。キッチンから手渡しで配膳ができるので、ご飯の準備も楽々♪色味を合わせたインテリアもとっても素敵です。

また洗面所、浴室、室内干しスペースなどの水廻りはキッチンそばにコンパクトにまとめて、家事のしやすさを追求しています。

2階の主寝室と2人のお子さん用の個室は、それぞれウォークインクローゼット付き。無駄なスペースを極力省き、居住スペースを広く取った間取りがお見事です!

将来、お子さんが巣立った後はワンフロアで生活できるように、生活基盤を全て1階にまとめたのもポイントだそうです。「いろいろ設計士さんにアドバイスしてもらえたのが良かった」と話しておられました^^







■外断熱で叶えた居心地の良い住まい

外装はシックなグレーをベースにして、ダークトーンのドアや縦ルーバーで引き締まった印象に。玄関口横の石庭が重厚感をプラスしています。
リビング側の外観は、縦長窓が良いアクセントになっていますね!

Iさまは外断熱の家に興味を持って東宝ホームを選んでくださったそうで、住み心地を含め「すべてに満足!」と笑顔を見せておられました^^

引っ越してからはお子さん達も積極的にお手伝いをしてくれるようになったそう。

家族のつながりが深まる素敵なお家、皆さまもぜひ参考にしてください♪
仕事の心得~営業スタッフ森山の場合~
本日は営業・森山のインタビューをご紹介します♪

朗らかな雰囲気ながらも、努力家で探究心が旺盛。インテリアコーディネーターの資格も持っているスタッフです^^



■家が完成した時の喜びをお客さまと共有したい

Q.前職ではどんな仕事をしていたんですか?

A.家具の販売です。静岡、大阪など全国各地の店舗を転々として商品ご購入のアドバイスやサポートを行っていました。インテリアコーディネーターの資格はその頃に取りました。もともとインテリアが好きだったので、販売の仕事も楽しかったですね。

Q.住宅メーカーへ転職したきっかけは?

A.接客するうちに、新築一軒丸ごとコーディネートする方に興味が移っていったんです。また家具販売だと、ご自宅に搬入してその家具がどのように使われているのかまで知ることは滅多になく、それが何だか寂しいな…と。
時々、お客さまから「こんな仕上がりになったよ」と写真を送っていただくのが嬉しくて、そんな喜びをもっと味わいたいと思うようになりました。
住宅営業なら、お客さまの家が完成した時や、その後の生活までずっと見届けられますよね。それが魅力に感じて、住宅の知識はほとんどなかったのですが思い切って飛び込みました!



■お得な補助金制度のこと…知ればもっと住宅購入に前向きになれる

Q.実際に仕事を始めてみていかがでしたか?

A.覚悟はしていましたが、覚えることが想像以上に多くて最初は苦労しました。特に住宅ローンなどお金の話は難しかったですね…。でも勉強すると、いろいろな補助金制度や減税の仕組みもわかって、自分にとってもすごくためになりました。
きっとお客さまも同じで、家を建てるかどうか迷っている人は、そういう制度のことを知っているかどうかで随分心持ちが違うと思うんです。
知らないままだともったいないですよ!
モヤッとした状態で構わないので、気軽に相談していただきたいです。お客さまに近い目線で少しでもお力になりたいと思っています。

Q.特技は何ですか?

A.家具を販売していたので、いろいろな商品の使い勝手やサイズ感が分かるのは今の仕事でも役に立っています。建てた後の家具選びのお手伝いもできますよ。
他には、ご高齢のお客さまと楽しくお話しするのも得意です。私が高齢者の多い島根県出身だからでしょうか。話し方がゆっくりしているからかもしれませんね(笑)。

Q.今後の目標は?

A.お客さまと最初に会うのが営業なので、皆さまの夢を支えつつ、お金のことなど現実的な面もしっかりとサポートして、夢と現実、両方叶えられるようになりたいです。
ご提供できる知識量もどんどん増やしていきたいですね。
何より、お客さまの家が完成して喜んでくださっている瞬間に、少しでも多く立ち会いたいと願っています!
OBさま訪問|室内の快適さにこだわった♪和モダン住宅【Yさま邸】
本日は東宝ホームOBさま・Yさま邸をご紹介します♪

2階建て3LDK、「和モダン」をテーマにしたハイデザイン住宅です。







■憧れのⅡ型キッチン♪ダークブラウンが効いた大人仕様のLDK

まずご覧いただきたいのが、ダークカラーの無垢材が目を引くシックなLDK。

この床とキッチンの色味、すごく素敵ですよね♪

ミディアムブラウンの床に、ワントーン濃いダークブラウンのキッチンを合わせることで、お部屋の印象がグッと引き締まりました。

LDKの横には和室がつながっているのですが、このヴィンテージ感のある色合いの効果でしっくり馴染んでいるのがポイント。和モダンの雰囲気に合わせて選んだ照明も良い味を出しています。

天井の一部に木材が貼られているのにもご注目!部屋の温かみがさらに増す効果があるんですよ。

そしてこちらのキッチン、実用性にもとても優れているんです♪

「Ⅱ型キッチン」という調理カウンターが2本並んでいるタイプで、作業スペースが広く取れて収納も多いのが特徴です。

奥にはパントリーまでついているので、何かと物が増えがちなキッチン周りもスッキリ片付きます。

使ってみたYさまによると、「配膳、片付けが楽!広いので圧迫感もなくていい♪」とのことでした!







■細部にまでこだわったデザインと、感動的な室内環境に大満足!

シックな印象のLDKとは対照的に、プライベートな空間であるトイレにはちょっぴり遊び心をプラス。どこか懐かしさを感じさせるレトロなタイルが、床の色合いとマッチしてお洒落ですよね。

一方、2階のトイレは華やかな壁紙を使って明るい雰囲気に仕上がっています。

さらに、一緒に住んでいる猫ちゃんのためにもひと工夫。部屋の一角に間仕切りをした専用スペースをつくり、来客から猫用トイレなどが見えないように配慮しました。猫が自由に出入りできるドア付きなので、猫にとってもストレスが溜まらずいいですね♪

Yさまご一家が実際に住んでみてのご感想は「暖かい!とても快適♪」。
真冬の今の時季でも、日中はエアコンをつけなくても大丈夫なのだとか!

特に足元の冷え方が全く違うそうで、「お風呂上がりも寒さを気にせずゆっくり着替えができるようになった」とのことでした。

また内装には湿度のコントロール力に優れた塗り壁を採用しているため、乾燥も少なく過ごしやすいそうです^^

デザイン性と機能性、両方を兼ね備えたYさま邸。詳しくはSUUMO最新号にも掲載されています。ぜひご覧ください♪
2020年にお洒落な家を建てるには?インテリアの流行をチェック
新しい年が幕を開けましたね!

今年こそはマイホームを!と意気込んでいる貴方のために、本日はお洒落な家を建てるために欠かせない【インテリアの最旬トレンド】をご紹介。

世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」のトレンドをもとに、2020年前半に流行りそうなアイテムやデザインを予想します。





■グレーorスモーキーカラー、ナチュラルテイストがキーワード

1.グレー寄りの色使いで部屋を洗練された印象に

流行の発信源・ミラノでここ数年多用されているのが、グレートーンを基調としたスモーキーカラーです。その中でもブルーやグリーンなどの寒色系が使われることが多いようです。

グレー系はさまざまな色となじみやすく、大人っぽい雰囲気になるのが魅力。カーテンの色などに取り入れると、部屋が一気にあか抜けますよ♪

2.丸みのあるナチュラルテイストにハードな素材をミックス

昨年から多く見かけるようになったのが、円形のテーブルや丸みのある椅子など、優しい印象を与えるデザインです。自然でリラックスできる雰囲気を与えてくれますし、角にぶつかる心配がないので小さいお子さんがいる家庭にもぴったりです。

一方、最近では金属、大理石、タイル、ガラスなどハードな素材を用いたデザインも徐々に増え始めているので、これらを部分使いするのもおススメ!例えばクロスを貼ったキッチンの壁の一部にタイルを貼ったり、洗面台を大理石にしたり。ナチュラル&ハードのミックスデザインで、流行を先取りしてみませんか?





■屋外の風景をも部屋に取り込む|新しい照明使いに注目!

照明の使い方にも、新しい流行が生まれそうです。

現代住宅における照明のポイントは、「いかに美しく壁を照らすか」。

というのも、人間の目は天井に向くことはほとんどなく、日常生活ではおのずと壁にばかり目がいっているからなのだそうです。そのため壁を高・中・低の3つの高さに分けて、目線を誘導するように照明を当ててあげると部屋にグンと奥行きが出ます。

そしてこれからは、「外の風景まで取り込むような照明の当て方が主流になっていく」と予想されています。例えば、庭の樹木やウッドデッキをライトアップすると、部屋の内と外を自然につなぐ効果が。インテリアコーディネーター曰く、「主張し過ぎないライティングをするのが、部屋をより広く見せるポイント」だそうです。

インテリアのヒントを得るには、モデルハウス見学がおススメ!実際に見て、素材を触ってイメージを固めてくださいね♪

今年もスタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしています^^
2020.01.16 | 固定リンク | 家づくり