TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

映える!お洒落な部屋づくりはインテリアコーディネーターにお任せ♪
本日は、お洒落な家をつくりたい人必見☆

東宝ホーム広島が誇る敏腕インテリアコーディネーター、倉下のインタビューをご紹介します^^

「インテリアコーディネーターって何をしてくれるの?」「失敗しない部屋づくりのポイントは?」といった皆さまの疑問にお答えしますよ♪



■お客さまの理想を形にする内装のプロ

Q.インテリアコーディネーターって、何をする人?

A.簡単に言うと、家の内装を手がける担当者です。お客さまにご希望を伺って建材、建具、照明を決めたり、収納の大きさ・場所や造作家具、電気配線の打ち合わせをしたり。つまり「住空間」に関わるさまざまなことを、お客さまと一緒に考えていく仕事です。

Q.お客さまとはどんなことを打ち合わせしますか?

A.どんな食器をお持ちなのか、洋服・本の量はどれくらいか、今お使いの家具のテイストや色味はどうか、といった内容をヒアリングしていきます。その上で使いやすい棚の大きさを考えたり、合いそうな壁紙の色味を提案したりしてインテリアの詳細を詰めていきます。

Q.お客さまの好みや理想は、人それぞれ違いますよね?

A.そうですね。そのため、まずはイメージ別のスタイルブックをお渡しして好きなページに付箋をつけてもらう作業をお願いし、それを元に、お好みに合いそうなインテリアをご提案していきます。【お気に入りの写真】を見せていただくのも大歓迎です!Houzz、インスタ、ピンタレストなどの写真を見せてくださるお客さまも多いですね。お客さまのスタイルを正確につかみたいので、何かヒントになりそうなものであれば何でもご遠慮なく教えていただきたいです。





■ほど良く流行を取り入れて‘その人らしい’インテリアに

Q.お洒落なインテリアを提案するために心がけていることは?

A.「ミラノサローネ」という世界最大規模のデザインの祭典が毎年、ミラノで開かれているのですが、流行の発信源はその祭典なんです。ですからインテリアコーディネーターは皆その情報を先取りして、毎年の流行を抑えています。最近では暖色よりもブルー、グリーン、グレー系の寒色が使われることが多いですね。金属系や大理石、タイルなどの素材使いもジワジワと流行り始めているので、そういうテイストを少し取り入れると新鮮な雰囲気になるかと思います。

Q.倉下さんのおススメは?

A.個人的には自然素材を使うのが好きなんです。塗り壁、無垢材、ガラスなどの本物の素材を適材適所に入れてあげると、部屋の風格がグッと増しますよ。壁や天井の一部にだけ無垢材を貼ったり、造作で無垢板を取り付けたりするのも、良いアクセントになっておススメです。

Q.インテリアコーディネーターから見た東宝ホームの魅力は?

A.家の機能性に優れているのはもちろんですが、住宅設備機器もかなりハイスペックなものを【標準】で使っているところです。ドアなども十分過ぎるくらい質の高いものを使用しているので、グレードを上げる必要性を感じません。オプション料金がかからないという点でも、お客さまにとってお得なのではないでしょうか。

Q.インテリアで悩んでいる方にメッセージをどうぞ。

A.一番大切なのは、全体のバランスを見ることです。失敗例で多いのは、「これがかわいい」「これを使いたい」とパーツごとに集めてしまい、全部合わせた時にミスマッチが生じてしまうパターンです。バランスを上手く取るにはたくさんの経験が必要ですが、その点、当社には専門のスタッフがいるので、利用しない手はありませんよ(笑)。ぜひお気軽にご相談くださいね。

また後日あらためて、倉下が提案する便利な収納術、照明の使い方などについてもご紹介予定です。

お楽しみに!
2019.11.15 | 固定リンク | 家づくり
OBさま訪問|住み方が変えられる!?多様性のあるMさま邸
本日は東宝ホームOBさま・Mさま邸の詳細をご紹介します☆

ホワイトとブラウンの落ちついた外観。

すっきりとしたデザインで、永く住むほどに愛着が湧きそうです^^





■温かな色合いの無垢材で、部屋全体が優しい印象に

こちらのリビングの床、いいお色だと思いませんか?

これはニュージ―パインという種類の無垢材。「浮造り」という木目を目立たせる加工を施しているため、無垢材ならではの質感をより楽しむことができるんです。

ナチュラルホワイトの壁と相まって、お部屋が優しい印象になっていますね♪

奥のキッチン&ダイニングも白を基調としたデザインです。

横長の小窓は、「料理中にお子さんと目線を合わせていたい」という奥さまのご希望を受けて造りました。

実用的な上に、見た目もお洒落!ご家族の会話も弾みそうですね。





■シンプルな造りの部屋は多彩な用途に使えて便利☆

Mさま邸の特徴は、【汎用性の高い間取り】です。

2階には洋室2部屋と主寝室があり、他にはスキップフロアの書斎と、屋根裏の空間を利用したロフトも設けられています。

洋室は現在はご主人のワークスペースとして使っているとのことですが、お子さんが大きくなったら子ども部屋に変身☆

スキップフロアの書斎は、お子さんの学習スペースとしても活用しやすい造りになっています。

ご家族の成長に合わせてお部屋の使い方を自在に変えられるのは、良い意味で癖のないシンプルなレイアウトだからでしょう。

「これから時間をかけて自分たちらしい家にしていきたい。家づくりは建てた後も楽しいですよ」とMさまご一家は話しておられました^^

詳細はスーモマガジンの最新号にも載っています。ぜひ参考にしてくださいね☆
価格優先か性能重視か?あなたにぴったりの住宅メーカーを診断
お客さまが何を重視するかによって、住宅メーカーの選び方は変わります。

今日はチェックリストを元に、貴方に相性のいい住宅メーカーを診断してみましょう☆



■長期ローンはイヤ!短期間の住まいならローコスト

□住宅ローンはできるだけ背負いたくない
□短期間住むための住宅が欲しい
□土地にお金をかけたいので家は安くていい
□間取りや設備にほとんどこだわりがない

以上の項目に当てはまる人は、価格勝負のローコスト住宅がベストです。

例えば「ライフステージに合わせて住まいを変えたい」と考える人は、家にかけるお金は最小限にして他のことに投資した方が有意義でしょう。

もっとも、ローコスト住宅は設備や性能のグレードを低くして価格を抑えていることが多いので、「ちょっといいキッチンが欲しい」「耐震性は高い方がいい」といった希望が重なると追加料金が発生し、結果的にハイクラスの注文住宅と変わらない金額になることも。

良い家を建てようとすると、ローコスト住宅でもお金がかかるということは知っておいてください。



■ずっと住みたい、こだわりが2つ以上あるなら注文住宅

□長く住める家が欲しい
□家の快適性や安全性に関心がある
□自分好みの間取りやデザインにしたい
□長期優良住宅、ZEHなどの基準を満たした家が欲しい

以上の項目に当てはまる人は、【自由度が高くて性能を重視した家づくり】をしているメーカーを選んだ方がお得です。東宝ホームはこちらのタイプです^^

例えば一般の住宅が長期優良住宅認定を受けようとすると、設備のオプション料金に加えて諸経費として数十万円がかかる場合がありますが、東宝ホームは【標準】で長期優良住宅のため追加料金は不要!

はじめから価格が明瞭なので安心してご購入いただけますし、その上【自由設計】ですから間取りもデザインもフルオーダーメイドできるんです♪

家に何を求めるのかを明確にすれば、家づくりも楽になる!
お悩みの方はお気軽にご相談ください(^^)/
2019.10.29 | 固定リンク | 家づくり
仕事の心得~営業スタッフ渡部の場合~
本日は営業スタッフ・渡部のインタビューPart2☆

東宝ホームに入った経緯や仕事で心がけていることについて聞きました。



■働きやすい環境が入社の決め手

Q.東宝ホームへ入社するまでの経緯を教えてください。

A.前職は外食産業系の会社で、全国に支店があったため、福岡、神奈川、愛知、鳥取、香川と各地に転勤し研鑽を積んできました。そろそろ一カ所で腰を据えて仕事がしたいと思ったタイミングで転職先を探し、東宝ホーム広島営業所に入社しました。私自身は愛媛の出身なのですが、広島に実家があってこのエリアに親しみを感じていましたし、他支店への転勤がなかったのも希望に合っていて。何より社長がとても気さくで話しやすい人だったことが、ここで働きたいと思った大きな理由です。

Q.住宅業界に入ってみての感想は?

A.厳しい業界というイメージでしたが、就労時間がきっちりしていてメリハリがあるので働きやすい環境だと思います。特に広島営業所は若い世代のスタッフが多く活気がありますね!東宝ホームの家については、勉強すればするほど良さを実感しています。建具や床材に関しても、通常は標準で使わないようなハイクラスのものを採用しているんですよ。その良さをお客さまにしっかりとお伝えしなければと思っています。



■お客さまの求めに的確に応えたい

Q.心がけていることは何ですか?

A.お客さまに親しみをもっていただくために、笑顔で接することです。また広島は地価が高くてなかなか買いやすい土地がないので、お客さまのご希望に沿う範囲でいかに良い土地をご提案できるか、という点にも注力しています。

Q.今後の目標を教えてください。

A.これから知識と経験を積んで、お客さまにより深い話をご提供できるようになりたいです。今はちゅーピー住宅展示場を担当しているのですが、まだ出来たばかりで皆さんに知られていないため、自ら動いて情報を発信していこうと考えています。それから地域になじむために広島弁もマスターしたいですね(笑)。
お客さまと営業スタッフとの思い出~耐震性と快適さを重視した家づくり~
本日は営業スタッフ・渡部にインタビュー。

数ある住宅メーカーの中から、東宝ホームを選んでくださったお客さまとの思い出を振り返ります。





■頑丈で快適に暮らせる家を求めて

Q.お客さまとの最初の出逢いは?

A.マリーナホップの展示場にお越しいただきました。最初はご主人だけで見学されたのですが、家の材質に関する知識が豊富な方で、当社が使っている構造材の【J-WOOD】に興味を持ってくださいました。その後詳しく話を伺うと、ご夫婦共に「頑丈な家」を強くご希望で「耐震等級3はマスト」と。東宝ホームは全棟、耐震等級3を取得していますし、耐久性にこだわった家づくりをしていますから、その点でお客さまのニーズに合致したのではないでしょうか。

Q.その後はどのような流れで打ち合わせを?

A.まずは当社の宿泊体験展示場に泊まっていただいたんです。7月の暑い時季だったのですが、「とても快適だった!」とご好評で、それから打ち合わせにもどんどん熱が入っていきました。【外断熱】や【壁内通気】の性能についても、実際に良さを体感していただけたのが良かったと思います。



■ご予算に応じてプランを練り、心から納得できる住まいへ

Q.プランニングについてはいかがでしたか?

A. 間取りに関しては水廻りの動線を重視されていたので、余裕がある広さ、動きやすさを追求した間取りになるよう、何度も打ち合わせを重ねましたね。ご予算に合わせて、お客さまの希望を伺いながら面積を削ったり、間取りを変更したりして金額面も調整していきました。他社も検討されていたそうですが、最終的にはご納得いただける価格で理想のプランが完成し、ご成約につながりました。

Q.お客さまとの関係で大切にしていたことは?

A.家の安全を大変気にされていたので、不安な点が残らないようにしっかりとお話をさせていただきました。大事なマイホームですから、たとえ当社で決まらなくとも納得できる家づくりをしてほしいというのが一番の想いです。何度もお会いする中で、ご夫婦お2人から積極的に質問していただき、私の話にもしっかりと耳を傾けていただける関係が築けたのが、何より嬉しかったですね。