TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

壁の色選びで失敗しないためのポイントとは
家の中の雰囲気を大きく左右するクロス(壁紙)。

壁は部屋の中で一番面積の広い部分ですから、色選びで失敗したくありませんよね?

そこで今回は、インテリアコーディネーターに聞いたクロス選びのポイントをご紹介しましょう☆







■白・ベージュ・グレーをベースにして、アクセントクロスで個性を発揮

今はさまざまな色やデザインのクロスがありますが、一番おススメなのは、やはり白かベージュ、ライトグレーなどのベーシックな色です。

歳を重ねると誰でも好みが変わってくるもの。若い「今」の感性で選んだ斬新なデザインが、10年後、20年後も好きだとは限りません^^;

クロスの張り替えはかなりコストがかかってしまいますし、飽きのこない色をベースにしてしておく方が、家具の買い替えの時にも相性を選ばずコーディネートが楽です♪

その代わり一部の壁だけに目を引くアクセントクロスを貼ったり、トイレの壁紙で思いっきり遊んでみたりして個性を演出してはいかがでしょうか?

また湿度調整機能のついた「エコカラット」を部分使いすると、部屋の快適性が増しますしデザイン的にもメリハリがついて素敵ですよ。





■インテリアコーディネーターがお客さまに寄り添ってアドバイス

東宝ホームではどのようにして内装を決めているのかと言いますと、まずはお客さまにサンプルを3冊ほどお渡しして好みのページに付箋を貼っていただきます。

それを元に、インテリアコーディネーターがベストな組み合わせを提案。

お手持ちのテーブルやベッドの色味との相性まで、入念にチェックしながら打ち合わせを進めていきます。

ここまでできるのは注文住宅ならではの強みでしょう^^

東宝ホームの家は50年以上余裕で長持ちしますから、内装も長い目で見て納得できるものを一緒に選んでいきましょう☆
2019.10.15 | 固定リンク | 家づくり
モデルハウスの特徴を徹底比較☆マリーナホップ&ちゅーピー住宅展示場
東宝ホーム広島では現在、HFMマリーナホップ総合住宅展とちゅーピー住宅展示場の2カ所に常設のモデルハウスを設けています。

本日はその2つの特徴や違いをピックアップ☆

ご見学に来られる際、注目していただきたいポイントをご紹介します。







■東宝ホームの家はなぜ快適?その秘密はマリーナホップで♪

HFMマリーナホップ総合住宅展にあるモデルハウスの特徴をざっくりとまとめると…

☆3階建てエレベーター付きで超・豪華
☆普段見ることのできない壁の内側や屋根裏の構造が分かる
☆1階、2階、3階で違ったコンセプトとデザインが楽しめる

1階はダークカラーをアクセントにした大人なデザイン、2階は夢が膨らむお洒落なキッチンとリビング、3階は壁の中や屋根断熱の仕組みを覗ける秘密の空間…と、各階ごとに異なる見どころがあります。

建物内部の構造を堂々とオープンにしているモデルハウスは珍しく、性能に興味のあるお客さまは必見ですよ!







■住空間を遊び尽くす!アイデア満載のちゅーピー住宅展示場

ちゅーピー住宅展示場のモデルハウスの特徴を要約すると…

☆どこに居ても明るさを感じる「光の演出」がスゴイ
☆家事動線が抜群!間取りをそのまま参考にできる
☆縦にも奥にも開放的な空間の使い方が面白い

まぶしいほど明るいエントランスとリビングは圧巻。吹き抜けからの採光の仕方にご注目ください。キッチン~洗面~浴室をスムーズに行き来できる家事動線の良さも、マイホームの参考にしていただきやすいと思います。

2つの和室、スキップフロアを利用した書斎、ホテルライクな寝室など、各部屋に隠された遊び心も見どころの一つです。

個人的には、マリーナホップの1階は成熟した大人世代、2階はトレンドに敏感な20代、ちゅーピーはこだわり派の30代におススメです^^

皆さまも、お気に入りの空間を見つけに遊びに来てくださいね♪
OBさま訪問|離れのバイクガレージ付き!Tさま邸
本日は東宝ホームOBさま・Tさま邸の詳細をご紹介します☆

50代ご夫婦の2人暮らし。平屋建て3LDK+ロフト・納戸の母屋に、離れの2階建てバイクガレージ付き。大人の遊び心にあふれたお洒落な邸宅です。







■カープ中継を見ながら料理ができる☆ゆったりサイズのLDK

奥さまのご希望は、「リビングを広くとってゆったりとくつろぎたい」「カープの試合を見ながら料理ができるように、キッチンとテレビの位置を調整してほしい」。

それを叶えるために、LDKは直線に配置して広く見渡せるようにしました。キッチン横の洋室の扉を開けるとLDKと合せて20帖超の大空間に!さらにリビング上部は勾配天井になっていて、縦の空間がより広く感じられ、部屋のデザイン性もアップしています。

収納スペースの確保と第2の寝室用に、ロフト+納戸を設けたのもポイントです。「物が多いリビング付近に大容量の収納が欲しい。できればもう一つ寝室も」とのリクエストを受け、空きスペースを活用して両方を叶えました!







■離れのバイクガレージで仲間と共にお酒を堪能

ご主人のこだわりが詰まっているのが、2階建てのバイクガレージです☆1階は大型二輪を3台収容可。時を忘れてバイクいじりができる男性憧れの空間です^^

2階はバイク仲間とお酒を楽しんでいただけるよう、木製のカウンターをつけたBar仕様に仕上げました。照明や内装にもTさまのセンスが光っていますね!

担当させていただいた営業スタッフ・金野によると、「気さくで明るく、ご自分の意見を率直に伝えてくださるご主人と、いつも笑顔で奥ゆかしい奥さまとの打ち合わせは終始和やかで、いい時間を過ごさせていただきました」とのこと。

これから新しいマイホームで、趣味やお料理をますます楽しまれてください(*^^*)
【営業スタッフ談】リフォームor建て替え…迷うお客さまが出した結論は?
今の家をリフォームするか、それとも建て替えるか。
そんな迷いに直面したら、住宅のプロに相談してみませんか?

本日は営業スタッフが担当させていただいたお客さま、Tさまとの思い出をご紹介します!



■築40年超の建物。リフォームするか、建て替えるか

Q.初めてのご来訪の時、Tさまとはどんなお話を?

A.最初は「築40年超の倉庫とアパートをリフォームしてご自身の居住用にしたい」というご相談でした。ただ、現在の建物よりも広い間取りにしたいのでそれが現実的に可能なのか、老朽化した建物が使えるのか、建て替えるべきかもしれないが、50代なので資金面が不安…など、いろいろ迷いがあるご様子でした。課題は多いようでしたが、建物の詳細を丁寧に伺いながらリフォームと建て替え両方のメリット・デメリットを率直にお伝えしました。そして「一度測量と現状確認をさせていただけませんか?それからリフォームと建て替え両方のプランをご覧いただき、ご判断してみられませんか」とご提案したのです。

Q.Tさまからはどんなご反応が?

A. 「実は今日3つほど展示場を回ったけれど、リフォームの相談で予算も低いためか全く相手にされなかった。でも営業担当さんはいろいろ丁寧に教えてくれた。家も素敵だし機能もいいと思うので、ぜひ測量とプランニングをお願いしたい」と。私にとって一番嬉しいお言葉でした!日頃から上司に「先入観を持たずにお客さまの本音を伺って最高の提案をするように」と言われていたのですが、やはり真剣にお客さまのお悩みと向き合えば気持ちが伝わるんだなと思いましたね。

■間取りの工夫でご希望に合う広さのLDKを確保

Q.最終的にTさまはどのようなご決断を?

A.プランニングを気に入っていただき、資金面でもご納得いただけたので建て替えを選ばれました。小さいと思われていた土地でも、間取りの工夫でご希望通りのLDKの広さを確保することができると分かってご安心いただけたようです。平屋建ての3LDK+ロフト・納戸の他に、離れの2階建てバイクガレージもあるユニークなプランなんですよ。

次回はそのTさま邸の詳細に迫ります!お楽しみに^^

今月のラインナップはこちら↓
◆OBさま訪問|離れのバイクガレージ付き!Tさま邸
◆モデルハウスの特徴を徹底比較☆マリーナホップ&ちゅーピー住宅展示場
◆壁の色選びで失敗しないためのポイントとは
◆お客さまと営業スタッフとの思い出~耐震性と快適さを重視した家づくり~
◆仕事の心得~営業スタッフ渡部の場合~
◆価格優先か性能重視か?あなたにぴったりの住宅メーカーを診断
◆OBさま訪問|住み方が変えられる!?多様性のあるMさま邸
つけて良かった!家事が楽になる便利な住宅設備を紹介
毎日の家事を楽にするには、どんな設備をつけるべき?

本日は、お客さまの採用率の高い人気の設備をご紹介します!



■雨の日も大丈夫!室内用の備え付け物干し

「共働きで昼間は家にいないので、洗濯物は外に干せない」というご家庭に人気があるのが、室内物干しです。

雨の日が続く時はもちろん、花粉やPM2.5が気になるシーズンにも室内物干しはとても重宝します。

また、従来の住宅にはほぼ必ず庭やバルコニーがありましたが、現在は「庭をつくらないで居住スペースを広く取りたい」と希望される方も多いんです。

そんな場合も、室内干し用の設備があれば洗濯に困ることはありません^^



■ホスクリーンやPidなど、室内物干しの種類はいろいろ

室内物干しで一番人気なのは、川口技研さんの「ホスクリーン」という商品です。

これは天井などに取り付けた金具にポールを通して使うもので、高さが変えられる昇降式のものや、窓壁に設置するタイプなどいろいろな種類があります。

室内に取り付けても悪目立ちしないデザインなのが人気の理由です☆

当社ではこちらを標準でお付けしていますよ^^!

もう一つのおすすめは森田アルミ工業さんの「Pid」です。これは壁に取り付けた巻取り式のワイヤーを引っ張り出して張り、そこに洗濯物をかけて使います。

壁にお豆腐くらいのサイズのワイヤーボックスを取り付けるだけなので、邪魔にならないのが一番のメリットです♪

室内物干しを設置する場所によっても、使いやすさは変わります。

スタッフとじっくり相談しながら、家事が楽になる家をつくっていきましょう^^!
2019.09.26 | 固定リンク | 家づくり