TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

ご入居後も家のプロがサポート!~アフターサービスが重要な理由~
皆さまはハウスメーカーを選ぶ際、何を重視しますか?

「良い家をつくってくれるかどうか」はもちろん大切ですが、意外と見落としがちなのが「アフターサービスの充実度」です。

実は住み始めた後の方が、家のプロに聞きたいこと、頼りたいことがたくさん出てくるからです。









■家の不具合は入居後1~3年に現れる!?

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの調査によると、新築戸建て住宅の不具合トラブルは築後3年未満に発覚することが多く、1位はひび割れ(外装・基礎)、2位は雨漏り(外壁・屋根)、3位は性能不足(設備機器・外構)なのだそうです。

詳しくはこちら↓
http://www.chord.or.jp/doc/guidebook.pdf


そのため入居後も定期点検をこまめに行い、不具合があれば早急に対処することが推奨されています。

上記の不具合が発生する場所は通常、日常生活ではほとんど目にすることがない所ばかりですから、プロの厳しい目でしっかりとチ
ェックすることが大切になってくるわけです。





■東宝ホームは広島でトップクラスの保証プログラムを用意

東宝ホームでは「出迎え三歩、見送り七歩」を企業理念に掲げており、住宅を購入していただいた後のアフターフォローを何より大切にしています。

構造耐力上、主要な部分の点検・初期保証は20年、防蟻工事と雨水の侵入の点検・初期保証は10年間無償で実施。その上、必要メンテナンスを実施された場合は保証期間を最大50年まで延長する制度も設けています!

50年の長期保証は、広島の地場のビルダーの中ではトップクラスではないでしょうか♪(それ以降もご希望に応じて診断・保証が可能ですのでご安心ください。)




■ちょっとしたご要望にも快く対応!






当社には定期点検・メンテナンス専従の工務スタッフが在籍しており、ご入居から2ヵ月後、6ヵ月後、1年後、2年後…と、決まったサイクルで訪問させていただいています。


実際に伺って「ここ直しておきましたよ」とお伝えすると、「気づかなかった!見てもらって良かった」と喜んでいただくことも多いんです。

他にも、「思ったよりもライトがまぶしかったので電球を変えたい」「ドアの調子が悪いので見てほしい」というような、お客さまのちょっとしたご要望にお応えすることもあります。

わざわざ修理を依頼するほどではないけれど、来たついでにやってもらえれば助かる♪という小さな用事って案外ありますよね?そんなニーズに応えられるのも、家のプロによる定期訪問のメリットではないでしょうか♪

東宝ホームの保証やアフターサービスについては、詳しくは以下のページをご参照ください。
https://tohohome.jp/policy/page9.html
2020.11.24 | 固定リンク | 家づくり
つくって良かった!リモートワークに使える部屋特集
新型コロナウイルス感染症の影響で、今年に入ってリモートワークを始めた方も多いのではないでしょうか?

急に明日から自宅で仕事をすることになった!という時、仕事用の部屋がなくて困った方もいらっしゃるかも…。そこで今回は、リモートワークを含めさまざまな用途に活用できる「あったら便利なお部屋・スペース」を特集します。

■その1:やっぱり欲しい!専用の書斎

リモートワークに最も適しているのは、やはり個室の書斎でしょう。



こちらはYさま邸の書斎です。こじんまりとしたスペースながら、造作の棚やカウンターがついているのでお仕事をするのにピッタリ!WEB会議では背景に生活感のあるものが移り込んでしまうと気になりますが、このような個室なら安心ですね。

■その2:使い方は無限大!空きスペースに設けたカウンター

個室でなくとも、どこか空いたスペースにカウンターをつくっておけばデスク代わりに使えます!



Sさま邸の寝室端に設けられたカウンターです。ノートパソコンを1台置いても余裕をもって作業できます♪横の窓はリビングの吹き抜けにつながっているため、開ければ1階のご家族と会話もできます。




こちらは2階の通路端に設けられた造作のカウンターです。家事スペースとしての活用を想定してつくられたものですが、パソコンを広げるのに十分な広さがあり、お仕事にも使えます!目線の高さに窓があるので、閉塞感もなくリラックスして作業できそうですね♪



春日野の宿泊体験展示場のダイニング。写真左端にあるカウンターは、家事やお子さんの勉強用にはもちろん、お仕事用に使ってもOK!リビングにいるご家族の様子を見ながら仕事をしたい場合には、このロケーションがベストですね。



こちらは寝室にあるカウンター。普段はお化粧や身支度をするスペースとして活用していただけますが、臨時のワークスペースとしても使える造りです。


■その3:小屋裏だって、立派な部屋!



一般的な住宅であれば、小屋裏は暑くて居心地の悪いものですが、屋根断熱+外断熱を採用している東宝ホームの家なら大丈夫!真夏でも25℃~26℃くらいまでしか気温が上がらないので、仕事部屋として十分に使えます。

いかがでしたか?使い勝手のいい部屋づくりは、専属の建築士やインテリアコーディネーターがいる東宝ホームにお任せください♪

ご相談お待ちしています!
2020.09.29 | 固定リンク | 家づくり
Instagramライブ配信にご注目!モデルハウスの内観などを紹介
東宝ホーム広島では、今年の夏からInstagramのライブ配信を始めました!

もう何度かご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんね♪

本日はその舞台裏と、実際にライブで配信した宿泊体験展示場のおススメポイントをご紹介します。


■自宅にいながらモデルハウスが見学できる!



新型コロナウイルス感染症の影響で、外出しづらいという方も増えている今日この頃。
いろいろな事情で展示場やモデルハウスに行くことが難しい、or頻繁には行けないというお客さまのために、ライブ映像でさまざまな情報を発信しています。


例えば初回にお送りした宿泊体験展示場編では、営業スタッフ2名が屋外~玄関~リビングへと移動しながら、間取りやデザインの魅力をお伝えしました。


 
まるでスタッフと一緒に家の中を見学しているような気分になれるのが、ライブ配信の魅力です♪


当社でマイホームをご検討中のお客さまや、これから宿泊体験をされる予定のお客さまにもご覧いただき、多くの反響をいただきました!


■スタッフのオススメ|宿泊体験展示場で見てほしいポイント

見逃した方のために、ライブでスタッフがご紹介した宿泊体験展示場の見どころをいくつかおさらいしましょう♪


 

1.収納力がすごい!シューズクローク
お客さまのご採用率が高い大容量のシューズクローク。ドアで仕切られているので来客からは中が見えず、いつも美しい玄関を維持できます♪


 
2.家事がとても楽になる!一直線の水廻り
キッチンのすぐ横に洗面室、その先にバスルームがあります。水廻りが直線上に並んでいるので、家の中を行ったり来たりする回数が減ってスムーズに家事がはかどります♪ライブでは実際に移動しながら動きやすさをお見せしました!


 
3.家族との距離が近くなる!人気のスキップフロア
キッチンの向かい側にあるカウンター付きのスキップフロア。料理中のお母さんと目線を合わせやすい高さに調整されています。お子さんにも大人気!ご宿泊時にはぜひここで読書などをお楽しみください♪


 
4.絶景を独り占めできる!開放感のあるリビング・ダイニング
スタッフのイチオシが、リビングから見える夜景です!高台の立地を生かして、リビングからもダイニングからも外の景色が楽しめるように工夫されています。


 
これを見て泊まってみたくなった方は、ぜひお申し込みを♪今の時季なら、外断熱ならではの室内の涼しさも体感できますよ!

宿泊展示場の詳細や、ご予約・お問い合わせはこちらから↓
https://hiroshima-toho.com/exhibition/?dno=2&area=3&detail=on&ex=0

ライブ配信の情報は東宝ホーム広島のHPで事前に告知します。次回の配信をお楽しみに!
2020.09.15 | 固定リンク | 家づくり
【実証】夏涼しくて冬暖かい家は本当に実現できる!
マイホームに求める条件は人それぞれ違っても、「夏は涼しくて冬は暖かい家がいい」というのは誰もが望むことではないでしょうか。

でもそんな快適な家って、本当にあり得るのでしょうか?

東宝ホームの家はどうなの?データを取って検証してみました!








■8月11日快晴。外は34℃、室内は…25.8℃!


以下は2年前の8月11日に取った、モデルハウスの温度データです。外の気温と、室内(2階)、小屋裏、床下の温度を時間帯ごとに分けて測りました。

10:00 | 外気温32.0℃ 室内25.5℃ 小屋裏25.7℃ 床下24.7℃

14:00 | 外気温34.0℃ 室内25.8℃ 小屋裏26.1℃ 床下25.0℃

17:00 | 外気温33.0℃ 室内26.4℃ 小屋裏26.7℃ 床下25.1℃

外は1日中32℃~34℃の猛暑!ですが家の中は…一番高くて26℃台。家の中で最も暑いとされる小屋裏の温度でさえ、最高で26.7℃でした!


なぜこんなに家の中が涼しいのかというと、東宝ホームの家は外断熱+屋根断熱+基礎断熱で外の熱を徹底的にシャットアウトし、暑い外気温が屋内まで伝わりにくくしているからです。


 
それだけではありません。ハイブリッド・エア・コントロールという独自のシステムを使って、床下や壁の内側の淀んだ空気を外に排出。そして外の新鮮な空気を減湿して給気することで、熱気や湿気をこもらせないようにしているんです!


一方、冬場は地熱で暖められた床下の空気を壁の内側に循環させ、効率的に家全体を暖めています。だから、例えば真冬の2月2日のデータを見ると…


10:00 | 外気温 2.0℃ 室内25.1℃ 小屋裏24.0℃ 床下16.8℃


14:00 | 外気温10.0℃ 室内25.5℃ 小屋裏24.7℃ 床下16.9℃


17:00 | 外気温 9.0℃ 室内25.8℃ 小屋裏26.0℃ 床下17.6℃


このとおり、外気温が2℃~10℃にも関わらず、室内は1日中25℃台をキープしていました!



■家がいつも快適なら、エアコンは要らない!電気代が安い♪


家の中が一年中ほぼ適温ということは、エアコンをつける頻度が少ないということ。つまり、光熱費がお安くなるんです。

実際に東宝ホームの家に入居されたお客さまにヒアリングをしたところ、ひと月あたりの電気代(45人家族の場合)は、夏場で平均8000円~11000円(売電額5000円~8000円)、年間平均は約7500でした!

快適に暮らせる上に家計にもやさしい♪お得な家だと思いませんか?



当社では無料で宿泊体験できる展示場をご用意していますので、暑い今の時季にぜひ、泊まって心地よさを実感してみてください!


詳しくはこちらをご覧ください↓
https://hiroshima-toho.com/trial/

2020.08.11 | 固定リンク | 家づくり
インテリアをもっと自由に!お洒落な部屋のつくり方を紹介

一生に一度の家づくり。せっかく建てるなら、インスタや雑誌で目にするようなセンスのいい家にしたいですよね?

 

本日は、今年の春完成したばかりの令和春日野モデルハウスを例に、お洒落なインテリアを叶えるポイントを解説します。

 

プロのインテリアコーディネーターが考えた、意外性のあるアレンジは必見です!

 

■細部へのこだわりが‘お洒落’を創ります!

 

こちらのモデルハウスはとにかく内装の評判が良く、特にLDKのデザインには多くのお客さまが注目されます。中に入ると、まずリビングで立ち止まって動かなくなる方がたくさんいらっしゃるんですよ()

 

その理由は、他にありそうでない珍しい素材をお部屋の各所に使っているから。

 

例えば、壁に並んだブラックのスイッチカバー。建具にもブラックカラーがポイント使いされているため、お部屋全体に統一感が出て締まった印象になっています。

 

ちょっとした所ですが、このような細部のアイテムにこだわることで「なんだかお洒落」な雰囲気をつくり出すことができるんです♪

 

リビングのドアには「モールガラス」というアンティーク家具などによく使われるデザインガラスを取り付けています。こちらも最近非常に人気の高い素材で、波打っている表面が表情豊かで素敵ですよね!

 

スタッフの中では、ダイニングの上に6つ並んだ温かみのある照明も人気です。

 





玄関手洗いの雰囲気もとてもお洒落ですよね!こちらにもブラックのアイアン棚を取り付けて統一感を出しつつ、照明の当て方にこだわってスタイリッシュに仕上げました。

 

■差し色を効かせると印象的なお部屋に♪

 

壁紙や床の色使いにもご注目ください。





 

こちらは主寝室。壁の一面にだけネイビーのアクセントクロスを使っているのがポイントです。全面ホワイトだったら無難におさまっていたところ、一面変えるだけでグンとセンスのある空間に見えませんか?

 

和室にはマスタードカラー♪和の雰囲気を壊さず、横のリビングのインテリアにもなじむ絶妙カラーです!

 



 

トイレの床は薄いブルーで爽やかに♪

 

サニタリールームにはブルートーンのタイルを貼り、ちょっぴり個性的なデザインに仕上げました。

 

その他にも見どころがたくさん!

こちらのモデルハウスは「家事“楽”動線の家」をテーマとしており、ファミリークローゼット兼ランドリールームを中心に1ヵ所で全ての家事が完結できる間取りになっています。

 

使い勝手の良さや、室内環境の心地よさにも注目しながらご見学くださいませ!

 

ご予約・お問い合わせはこちらから↓

https://hiroshima-toho.com/reserve/

2020.07.14 | 固定リンク | 家づくり