TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

暑く感じるのは湿気のせい!?光熱費を抑えるカギは「エア・コントロール 」
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

もうすぐ7月。だんだんと暑い日が増えてきましたね^^;

エアコンをつけたいけれど、電気代が気になる…。お金をかけずに涼しく過ごすにはどうすればいいの?

今日はそんな疑問にお答えするため、体感温度を下げる方法をお伝えしましょう。

キーワードは【湿気】です。

■湿度が下がると体感温度も下がります!

「蒸し暑い」という言葉があるように、人の体は湿度が高いと余計に暑く感じるものですよね。

これは「気化熱」といって、体から出る汗は蒸発する時に体温を奪っていくのですが、湿度が高いと汗の蒸発が抑えられ、熱がこもったままになるからなのだそうです!

話しているだけで蒸し蒸ししてきますね-_-;

一般的に湿度が10~15%下がると体感温度が1℃下がると言われていますから、涼しく過ごすには湿気を取ればいいんです!



■東宝ホームの家は湿気を撃退する【ハイブリッド・エア・コントロール】住宅

そこでご注目いただきたいのが、東宝ホームの「エア・コントロール」システムです!

実は当社の家には、床下や壁の中の蒸れた空気を外に追い出すシステムがあって、夏はスイッチ一つで熱気や湿気を取り除いてくれるんです。

家を丸ごと除湿してくれるので、エアコンの除湿モードに頼らなくてもカラッと爽やかな状態を保ちやすいんですよ♪

涼しさを体験するには、泊まっていただくのが一番!

当社では無料で泊まれる「宿泊体験展示場」もご用意していますので、興味がある方はぜひお問い合わせください^^
2019.06.27 | 固定リンク | 家づくり
気をつけないと失敗する…コンセントの位置にご注意
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

皆さまは、家を建てた人が「失敗した!」と後悔することが多いのはどんな所だと思いますか?

実は一番多いと言われているのは【コンセント】なんです。

一世帯で使う家電の数は昔よりも段々と増えているので、予想以上に「足りない!」「不便!」な状態が発生してしまうんですよ。

家が建ってからコンセントを増やすのは現実的に難しいので、事前によく考えてみましょう。



■コンセントの失敗が多いのは【キッチン】と【家の外】

コンセントの配置で失敗しないために、当社のコーディネーターはまずお客さまが使っている家電についてヒアリングをします。

特に気をつけたいのがキッチン・ダイニングです。

例えばホットプレートをよく使う家庭の場合、「テーブルのそば」だけでなく「テーブルのどちら側」にコンセントがあった方が良いかまでを考えておかないと、実際に使う時に不自由を感じてしまいます。

またキッチンのコンセントはオーブンや冷蔵庫で使い切って足りなくなりがちなので、「家事をしながら携帯を充電したい」という時用に多めに設けておくことをおすすめします。

そして、忘れがちなのが屋外のコンセント!

玄関の灯りや車の掃除用など、家の外で電気が必要になることは予想以上に多いので造っておくと便利です。



■今の生活をベースに考えてはダメ!

大切なのは、今の生活だけを基準にしないことです。

将来家電を買い替えることや、家族が増えることまで想定しておかなければ5年後、10年後に後悔することに…。

ご自身だけで考えるのはなかなか難しいと思いますので、困ったらプロであるコーディネーターにご相談ください^^
2019.06.25 | 固定リンク | 家づくり
広島の狭小地で叶う快適な暮らし【牛田本町・分譲住宅】
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

狭小地に家を建てる場合、「窮屈な感じにならないかしら」、「欲しい設備が入れられないんじゃ…」といろいろ不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

いえいえ、東宝ホームならそんな心配はいりませんよ♪

例えば、東区牛田本町にある当社の分譲住宅を見てみましょう。

建物面積は約35坪。しかも縦長の土地に建ちながら、18帖超の広々LDKにウッドデッキ、テラスまでついている機能性、デザイン性に優れた住宅です!







■一目瞭然!お洒落!明るい!狭くない!

まず、写真のリビングをご覧ください☆

え!?これが狭小地の家のLDK!?と2度見したくなるくらい広く感じますよね^^

18.2帖のLDKに4.5帖の和室がつながっているので、実際に広いのですが、さらに開放的に感じる理由はリビングの一部が吹き抜けになっているから。

この吹き抜けは自然光を取り入れる役割も果たしていて、すぐ隣に家やビルが建っていても室内を明るく保てるように工夫されているんです。

さらにこの住宅がユニークなのは、吹き抜けから採光するために屋内のキッチン横や寝室に窓が設けられているところです。

都心では、外へ向けて窓をつくると隣の家から丸見え…ということもありがちなので、【家の内側から採光】できるようになっているんですよ。





■小屋裏収納が自分の趣味スペースに♪

4LDKなので、4人家族がゆとりをもって暮らせるサイズ感です。

しかもテラスやウッドデッキもあり、お子さんの遊び場にも困りません!

そして極めつけは小屋裏収納☆

東宝ホームの家は【2重屋根構造】なので夏でも暑くなく、小屋裏も立派に部屋として使えるんです。

寝室とは別に趣味の部屋を持つ…というのが都心の狭小地で叶うなんて、夢のある話だと思いませんか^^?

詳しい情報はぜひこちら↓をご覧ください!お問合せもお気軽に♪
https://hiroshima-toho.com/house/
【令和春日野住宅展示場】家事が楽になるキーワードは「回遊性」
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

今回は「令和春日野住宅展示場」特集最終回!

機能面に注目してお伝えします。





■行ったり来たりさせない!回遊性の高さが自慢

まず1階の間取りをご覧ください。

階段を中心に、玄関ホール→リビング→キッチン→洗面室→トイレ→玄関ホールと、家の中をぐるりと一周できる造りになっているのが分かりますでしょうか?

しかもキッチン、洗面室、浴室、トイレの水廻りが北側に固められているので、家事動線は抜群!4,5歩歩くだけで、行きたい場所にすぐたどり着けてしまうんです♪





■収納力抜群の洗面室や、2階階段ホールのカウンターにもご注目

この中でも奥さまが「いいね♪」と注目されるのは、洗面室の広さです。

タオルや着替え、洗剤類など、何かと物が多くなりがちなスペースなので、大きな物置や棚をつけてたっぷり収納できるようになっています。

もう一つぜひ見ていただきたいのが、2階の階段ホール横に備え付けられている造作棚です。

デッドスペースになりがちなホールの一角ですが、アイロンがかけられるくらいの広さのカウンターがついているので実際に使ってみると便利なはず!

残念なことに素通りされるお客さまが多いので、「もっとご注目を~!」とスタッフ一同願っております(笑)。

次のお休みの時にはぜひ、ご家族でお越しくださいませ♪
【令和春日野住宅展示場】子どもに大人気!夢のあるスキップフロア
こんにちは!東宝ホーム広島営業所です。

本日も、令和春日野住宅展示場にあるモデルハウスの見どころをご紹介!

今回取り上げるのは…お子さんのリビング学習用にぴったりのスキップフロアです☆





■ママと見つめ合える^^絆が深まるスキップフロアの秘密

このスキップフロア、実際に見ていただくと分かりやすいのですが、階段を数段上がった低めの位置に造られています。

これは主にお子さんの学習スペースとしての利用を想定していて、備え付けのデスクに座るとちょうどキッチンにいるお母さんと目線が合う高さになるよう設計されているのです♪

親子で楽しく会話しながらお勉強や家事ができる、素敵な工夫なんですよ。



■子どもでなくてもテンションが上がる!遊び心のある空間

このスペースは特にお子さんに人気なのですが、それはデスクの下が掘りごたつのようになっていて隠れんぼができるから(笑)!

フロアの横には格子のついた小窓もあって、ここから廊下をのぞくお子さんの姿もまたカワイイんです#^^#

ご家族でお越しいただいても退屈しませんので、ぜひお子さん連れでご来場くださいね!