TOHOブログ

東宝ホーム 広島TOHOブログ
仕事の心得〜営業・久保の場合〜
本日はちゅーピー展示場の営業・久保にインタビューします♪









前職はなんと、バイオリン講師!マイホームの引き渡し式では、バイオリンを弾いてお客さまをお祝いしますよ♪

■正解のない仕事だからこそやりがいを感じる



Q.以前はバイオリン講師だったそうですが、なぜ住宅業界へ?

A .講師をする中で、人と関わる仕事が好きだと気づいたので、転職するにあたっても、人づきあいを長く続けられるような仕事に就きたいなと思っていたんです。住宅営業は、家づくりというお客さまの一生に一度の大イベントに携わる仕事ですから、「完成したらさようなら」ではなくずっとつながりが持てると考えました。特に東宝ホームはお客さまのアフターサポートに力を入れていることを知って、強く共感したんです。それに小さい頃からずっと、物件の間取りを眺めて、そこに住む人の暮らしに思いを巡らせるのが大好きで!営業として家づくりに関われば、お客さまと話した内容が家という形になって現れ、そこで新しい生活が始まるまでを見届けられます。その点も魅力に感じました。




Q.実際に働いていて思うことは?

A .想像していた以上に自由度が高いと感じています。というのも、お客さまの役に立つにはどうすればいいか、自分で考えて何でもトライできる環境にあるからです。例えば土地を探す場合、職場までの経路や道路の混み具合が分かっていた方がいいだろうと思い、平日の朝から車で通って時間を測ってみたこともあります。お客さまが何を知りたいのか、先回りして気づくのは難しいことですが、はっきりした正解がないだけに、喜んでいただけるととても嬉しいですし、やりがいにもつながっています。




Q.心がけていることは?

A .実はもともと人見知りするタイプなので、それがバレないように(笑)、自分から壁をつくってしまわないように気をつけています。初対面の方でも「私、バイオリン講師をしていたんです」と話しかけると、それだけで話が盛り上がるので、話題づくりのいいきっかけになっています。



久保の演奏シーンはこちら↓
https://www.instagram.com/p/CQPuNAXjLDE/




■モデルハウスに泊まれるんです!知ってほしい快適さ



Q.お客さまに知っていただきたい東宝ホームの魅力は?

A .東宝ホームは、外からは見えない家の内部構造にしっかりとこだわっているので、そこに関心を持っていただけると嬉しいですね。説明だけではわかりづらいと思いますから、展示場に来てくださったお客さまには模型や写真をお見せして、わかりやすく解説するようにしています。その上で宿泊体験をしていただくと、快適さにご納得いただけるようです。モデルハウスに泊まれるって、実はすごいことだと思うんです。スタッフもいなくてご家族だけで過ごせるので、例えばお風呂に入ったり、キッチンの使い勝手を試したりなど、展示場ではできないことも体験できます。家事動線についても、実際に生活してみて初めて気づく発見がありますので、家づくりをスムーズに進める上でもぜひ一度泊まってみていただきたいですね♪




Q.宿泊体験棟以外に、オススメのモデルハウスは?

A .サニーガーデン春日野Ⅱ-12号地です!スイッチなど、細かい部分にまでお洒落な素材が使われていて、眺めているだけでも楽しくなります。それに、ランドリールームとファミリークローゼットが一緒になった家事室も使いやすいんですよ。私も家事楽なお家がいいので、自分が家を建てるなら真似したいなと思っています。




Q.休日の趣味は?

A .ドライブが好きで、天気のいい日は車の少ない方へ向かって当てもなく走り続けます(笑)。個性的なオープンカーに乗っているので、お客さまからも覚えていただいて「さっきすれ違ったよ」と教えてもらうこともあります。仕事以外でもお客さまとつながっているようで嬉しくなりますね!見かけたらぜひ声をかけてください♪
2021.09.30 | 固定リンク